もとむら賢太郎 公式ブログ もとむらの声

月別アーカイブ一覧

民進党政策集づくりの場(2016-04-27)

更新日時:2016/04/27
カテゴリ:政策
Share Button

13102871_1700262340237056_813968553130916666_n

山尾志桜里政調会長を先頭に、民進党全議員懇談会が夕方より党本部で行われております。いまや民進党の政調会長は細野豪志政調会長に続き、二期生の若手である山尾志桜里代議士が政調会を引っ張ってくれています。
このチカラに協力をしていきたいと思います。

これは自分たちの政策集づくりです。
様々な思いのご意見が活発にでて、時間オーバーしても意見が出続けております。

僕は有権者に皆さんとの信頼関係の政策集になるように、さらに的にあたったわかりやすい政策集づくりを進めたいと思います。

党内でまだ決めていませんが、
例えば、
現状のTPPには反対。
景気状況から消費税増税は延期。
憲法改正は9条以外で改正賛成。

このようなわかりやすい大きな項目の政策を打ち出し、さらにインデックスなどでまとめたらどうかと思います。

民進党国対・理事合同会議(2016-04-27)

更新日時:2016/04/27
カテゴリ:委員会
Share Button

13102871_1700262340237056_813968553130916666_n

今日もやっています民進党国対・理事合同会議

国会にに到着し朝一番の活動は、民進党国対室に足を運ぶことから始まります。

ここで安住淳国対委員長を先頭に戦略が練られ、与党との国会対応などが決まっていきます。

毎週水曜日だけはランチをとりながらの国対・理事合同会議となり、本日も安住国対委員長より、「熊本地震への対応」「補正予算への対応」「後半国会の取り組み」「TPP審議延期」などの考え方が述べられました。

5月13日に補正に関する衆院本会議(財政演説)、5月16日〜17日は衆院予算委員会が行われる予定です。そして伊勢志摩サミットが5月26日〜27日、通常国会閉会が6月1日となり、日程からみても本格論戦はあと2週間強となります。

野党としての存在感を示し、参院選にも弾みをつけて後半国会の対応に取り組んでいきます。

相模原市議会が作成された漫画(2016-04-27)

更新日時:2016/04/27
カテゴリ:お知らせ
Share Button

 

13082649_1699681913628432_6876729609513507346_n13076782_1700262326903724_2027288694487857636_n13102871_1700262340237056_813968553130916666_n13062377_1700262356903721_6103578564735998430_n13092179_1700262373570386_5193525974719065681_n13043622_1700262383570385_3768027017236366873_n

ぜひご覧ください。

「市議会とはどんなところで、どんな決め方をするんだろう?」、「市議は何人いるんだろう?」、「市議にはどうしたらなれるんだろう?」といった疑問をお持ちの市民の皆さんもいると思いますし、今夏の参院選より18歳選挙権元年とのこともあり、こうした漫画を通じて、皆さんからお預かりしている貴重な税金を選択と集中で予算配分を決めていきます。

多くの皆さんに参考になれば、市民の一人として嬉しいです。

公職選挙法および区画審設置法の改正法案について(2016-04-27)

更新日時:2016/04/27
カテゴリ:活動報告
Share Button

13082649_1699681913628432_6876729609513507346_n

与党案と民進案のどちらを指示いただけますか。

今日は8時30分から、政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会と経済産業委員会をかけもちで出席しております。国会では地方議会と違い委員会開催が重なることも多いのです。

「一票の較差是正」と「議員定数削減」を進めるための公職選挙法および区画審設置法の改正法案について、与党案および民進党案の採決が行われる予定です。

先日も書かせていただきましたが、与党案では最高裁が求める一人別枠方式が廃止され、調査会答申どおりにアダムズ方式が導入されるのは6年後です。対して、民進党案では来年の夏には実施できます。

ここまでの議論を通して、与党案の主張にも耳を傾ける部分があるのは確かだと思いますが、2012年11月の党首討論で当時の野田総理と安倍自民党総裁が約束した改革がここまで先送りされてきたのです。また、この5年あまりで3回も「違憲状態」の判決を最高裁が出していることを考えても、6年後まで先送りしていいとは思えません。

午前中には委員会での採決が行われる予定です。
皆さんは、どちらの案を支持されますでしょうか。

地元南区活動報告(2016-04-26)

更新日時:2016/04/26
カテゴリ:活動報告
Share Button

13082649_1699681913628432_6876729609513507346_n

本会議が終わり、地元南区を地域活動しております。

熊本地震へのご意見をたくさんいただきました。明日からの活動の参考にしていきたいと思います。

建設アスベスト問題の早期解決と被害者の救済に関する請願署名提出院内集会(2016-04-26)

更新日時:2016/04/26
カテゴリ:活動報告
Share Button

13082649_1699681913628432_6876729609513507346_n

本日は、建設アスベスト問題の早期解決と被害者の救済に関する請願署名提出院内集会が開催され、紹介議員として署名をお預かりしてまいりました。

アスベスト被害が大きな社会問題となってしばらくになります。健康被害救済制度の給付者は1万人を超え、労災認定者をふくめ2万を超えるそうです。
被害者を原告とした訴訟も各地で起こっており、今年1月には建材メーカーに賠償を求める判決が京都地裁で初めて出されました。

アスベストは、肺に沈着し、長く滞留するため、肺がんや悪性中皮腫などの要因ともなります。アスベストを要因とする疾患は重篤なうえ、完治しません。提訴後にも昨年9月末までで135名の原告の方がお亡くなりになっています。

なお、現場で働いていた方のみならず、周辺住民やご家族にも健康被害が出ております。アスベストを使った建造物の解体が最も多いと見込まれる2020から2040年頃には、年間100万トン前後のアスベストが排出されるという環境省の予想もあり、被害者救済と併せて対策を講じる必要が指摘されています。

僕も国会議員になる前は、建設業で働いていましたので、他人事ではありません。皆様の署名を重く受け止めてまいります。

JR町田駅前にて(2016-04-26)

更新日時:2016/04/26
カテゴリ:活動報告
Share Button

13082649_1699681913628432_6876729609513507346_n

今朝はJR町田駅頭からスタート。

複数の皆さんから「熊本地震への支援を党派を超えて対応してください」というメッセージをいただきました。

そのお気持ちをしっかりと受け止めて、本日も頑張っていきます。

 

熊本地震の復旧状況について(2016-04-25)

更新日時:2016/04/25
カテゴリ:お知らせ
Share Button

熊本地震 都市ガス復旧は5月8日

熊本・大分を中心とする地震で被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。

現在も多くの皆様が不安を抱え、不自由な日々を過ごしていることと思います。
僕も国会議員のひとりとして、できる限りの協力をしてまいります。

先日の経済産業委員会で、経済産業大臣と都市ガスの復旧について議論をさせていただきました。
約45万5千戸にのぼった停電が20日までにほぼ解消する中、ガスの復旧が遅れています。

都市ガスの復旧率は、西日本新聞によれば24日時点で27.9%。
入浴や食事に影響が出ています。

現在、他の地域からの応援も得て、4000人を超える皆さんが復旧作業にあたっているとのこと。
大臣に確認したところ、5月8日までには全面復旧する見通しとのことです。

被災地の皆様が一日でも早く安心できるように全力を尽くします。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160425-00010002-nishinp-soci

衆議院選挙区画定審議会設置法と公職選挙法の改正に関する質疑登壇(2016-04-25)

更新日時:2016/04/25
カテゴリ:国会発言
Share Button

13087335_1699314553665168_619775151481632092_n 13082649_1699681913628432_6876729609513507346_n

本日は、衆議院政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会が開催され、質疑登壇いたしました。

議題は、衆議院選挙区画定審議会設置法と公職選挙法の改正についてです。内容は、「議員定数削減」と「一票の較差是正」です。
3年半前の11月14日。党首討論で当時の野田総理と安倍自民党総裁は「身を切る改革」を約束して、解散総選挙に至りました。
その際、自民・公明・民主の3党は次の平成25年の通常国会で必ず実現することを約束しているのに、これまで実現していないことは残念でなりません。

今日の質疑の冒頭、与党の皆さんに「約束は守られたと思うか?」と確認したところ、誰も明確な答弁をしていただけませんでした。
明らかに約束を果たしていないのですから、率直に認めるべきだと思いますが、何度聞いても答えていただけませんでした。

また、今回は29回にもおよぶ各党協議を経ても合意に至らなかったために平成26年6月19日に衆議院議長の下に設置された調査会の答申を受けての法案審議でした。
具体的には、自民・公明案と民進案の両案が審議されました。

新聞にも報じられていますが、両案の違いは、いつから答申どおりの選挙が実施できるのかという点です。
答申は、大規模国勢調査に基づいて、アダムズ方式を導入することを求めています。
民進党案では、既に数字が確定している直近の調査(平成22年)に基づいて実施することとしており、来年7月には答申どおりの選挙制度が実施できます。
それに対して、自民・公明案では、平成32年の国勢調査を待つこととしており、これだと6年後の平成34年まで答申に沿った選挙は実施できません。
また、最高裁が「一票の較差が生じる要因」「廃止すべき」とした「一人別枠方式」をそれまで温存することになります。

自民・公明の提案者は、「平成32年にはアダムズ方式を導入し、一人別枠方式を導入すると法案に明記しているので、司法の要請に応えている」と言いますが、それでいいのでしょうか。
この5年で3回も「違憲状態」の判決を出されている衆議院議員総選挙です。
自民党案では、次の総選挙も違憲状態となる可能性があります。

皆さんは、どちらの案が良いと思われますか?

 

勉強中(2016-04-24)

更新日時:2016/04/24
カテゴリ:その他
Share Button

13087335_1699314553665168_619775151481632092_n

明日の衆議院倫選特委員会の質疑準備のため、地元図書館で勉強中です。

明日は定数削減と一票の較差是正に対して、自公案と民進案に対して質疑を行います。

どちらの案が最高裁の判決や国民の声に応えているか、しっかり質していきたいと思います。

« 前ページへ次ページへ »

ブログ

ブログ更新カレンダー
2016年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ブログ内検索
最新記事
ピックアップカテゴリ
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
いいね!をお願いします!
facebook更新中!
Twitterフォローはこちら
↓のボタンをクリック


もとむら賢太郎 Facebook
もとむら賢太郎 Twitter
お知らせ
活動フォトギャラリー
もとむら賢太郎物語
もとむら賢太郎の奮闘日記
もとむら賢太郎 活動報告

【もとむら賢太郎後援会事務所】

〒252-0332
相模原市南区西大沼2-52-13
大沼センタービル

【TEL】042-851-6152
【FAX】042-851-6162 事務所案内

広報さがみはら県のたよりTOKYO2020