もとむら賢太郎 公式ブログ もとむらの声

記事一覧

10月1日よりスタート! さがみはらサンキューキャッシュバックキャンペーン

更新日:2022年09月24日
カテゴリ:活動報告
Share Button

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大が続く中、感染予防に努めてくださっている市民の皆様や、感染予防対策を講じながら営業していらっしゃる事業者の皆様への感謝の気持ちを込めて、また、市内経済の活性化に向けて、「さがみはらサンキューキャッシュバックキャンペーン」を10月1日から11月30日まで実施いたします。今回は、3回目のキャッシュバックキャンペーンとなり、これまでで最長の2ヵ月間、実施いたします。期間中に、市民の皆様が、キャンペーンに参加している店舗等で、合計1万5千円以上お支払いいただき、その領収書を申請書につけて市に郵送すると、3,900円をキャッシュバックいたします。

 市民の皆様は、キャンペーン参加店舗等でお買い物をした際、レシートや領収書などに指定のスタンプやシールをもらってください。そのレシートや領収書などの合計が1万5千円以上になったら、1人1回まで、市にキャッシュバックの申請をすることができます。なお、同じ店で買った複数の領収書や、異なる店舗の領収書の合算でも構いません。申請書は、参加店舗等をはじめ、各まちづくりセンター、公民館で配布するほか、市の特設ウェブサイトからダウンロードすることができます。なお、同居家族であれば、ご家族分をまとめて申請することも可能です。例えば4人家族であれば、6万円以上の領収書を代表者の申請書に貼り付けることで、3,900円の4人分として1万5,600円をキャッシュバックいたします。10月1日から11月30日までに参加店舗等でお支払いいただいた領収書を、12月7日までに申請してください。参加店舗等は、さがみはらサンキューキャッシュバックキャンペーンの特設ウェブサイトで紹介していますので、ぜひ、チェックしてみてください。参加店舗等では、キャンペーンに参加していることを示すピンク色の「のぼり旗」や「ステッカー」がありますので、それらを目印にしていただければと思います。このキャンペーンを通じて、多くの皆様に市内のお店をご利用いただき、是非とも、まちの魅力の再発見につなげていただきたいと思います。また、お買い物の際には、感染防止対策にご協力をお願いします。

<参考>今回のキャッシュバックキャンペーンの概要

事業名:「行く、知る、つながる。まちの魅力再発見。さがみはらサンキューキャッシュバックキャンペーン(通称:サンキューキャンペーン)」

内 容:参加店舗等で期間中に合計15,000円以上(税込、複数店舗等合算可)の購入等をした市民を対象に3,900円をキャッシュバック

事業者募集期間:令和4年8月1日から9月30日まで

実施期間:令和4年10月1日から11月30日まで

還元金額:3,900円(市民1人1回まで)

相模原青年会議所 スマイルフェス2022〜さがみはらクエスト〜

更新日:2022年09月24日
カテゴリ:活動報告
Share Button

相模原青年会議所の皆さんが3年ぶりに、お祭りと体験会を開催していただきました。

親子連れの参加者が多く、スタンプラリー形式で40ブースをまわりながら様々な職業体験などができ、さらに共生社会実現を目指す本市にとっても大切なインクルーシブな組織づくりを考えるイベントもありました。

こうした企画を考え、初チャレンジしてくださった青年会議所の皆さんに感謝申し上げます。

まちかど市長室

更新日:2022年09月11日
カテゴリ:活動報告
Share Button

本日は田名地区、上溝地区の2カ所にてまちかど市長室を行いました。

市民の皆様からの市政へのご意見やご提言を力にしながら、頑張っていきます。

初のメディア交流会〜相模原市シティセールス〜

更新日:2022年09月07日
カテゴリ:活動報告
Share Button

首都圏メディアとのネットワークを構築すると共に、相模原市のプロモーションを実施し、メディアの皆様のお力をいただき、本市を全国に発信していきたいと考え、メディア交流会を都内で実施しました。

本市からは、久保田酒造株式会社 蔵人頭 太田将志さん、旬鮮酒場NOBU 店長 佐藤章伸さんらにお越しをいただき、「相模原市の地酒と食を愉しむ」企画を行いました。

参加者の皆様からも「相模原は面白い場所があるんですね。」「今度行ってみたい。」といったご意見をいただきました。励みになります!

令和4年度 相模原市総合防災訓練〜相模原市は災害に強いまちづくりを進めます〜

更新日:2022年09月05日
カテゴリ:活動報告
Share Button

 本日は早朝より、「相模原市総合防災訓練」に自治会をはじめ、市民の皆様、消防団、そして、陸上・航空自衛隊、在日米陸軍、神奈川県警察、九都県市、医療機関、ライフライン事業者など、約100機関、2000人の皆様に訓練に御参加いただき、3年ぶりに開催することができました。
また、本市の防災行政に携わる方々、多くの来賓の皆様方におかれましては、訓練を御覧いただき、深く感謝申し上げます。

(総合防災訓練)
 本日の総合防災訓練は「本市直下を震源とする大規模な地震」の発生を想定し、迅速かつ円滑な災害応急対策の実施などを目的として、自主防災隊、自衛隊、在日米陸軍、神奈川県警察をはじめ、防災関係機関と連携を図りながら、「自助」「共助」「公助」の力を高める各種訓練を行うことができたと考えております。
本日の訓練を通して、災害が発生した際には、防災関係機関の皆様の御支援、御協力が、必要不可欠であると、改めて、認識するとともに、心強く感じたところでございます。
また、関東大震災から100年という節目の年にあたる来年の9月1日に実施する九都県市合同の防災訓練では、本市がメイン会場になる予定であり、その予行訓練としても位置付けた中での実施でした。
防災関係機関の皆様方による訓練活動を拝見し、来年の「九都県市合同防災訓練」の開催に向けて、大きな成果が得られたと考えております。
災害から市民の皆様の生命・財産を守るためには、自治会を中心とする自主防災組織や防災関係機関、事業所及び行政等が一体となって、行動することが必要であり、こうした訓練を重ね、いざという時に対応できるよう備えておくことが大切です。

(安全・安心への取組)
 本市においては、昨年、「さがみはら防災ガイドブック」を全戸に配布し、市民の皆様にマイタイムラインの作成方法をご案内するとともに、小学校での防災教育や地域での風水害対策訓練の場で作成実習などを行っており、災害に備えた取組を推進しております。
また、避難所における新型コロナウイルス感染症対策として、避難所用テントと簡易エアベッドの配備を順次進めており、災害発生時にも、安心して避難生活を送れるよう、取り組んでおります。
皆様には、家庭や地域、職場での自分自身の役割などを改めて御確認いただき、「災害に強いまちづくり」を推進するため、より一層の御協力をお願い申し上げます。

 本日は、御多用の中、長時間にわたり、御列席を賜わりました御来賓の皆様方、並びに御参加いただいた市民の皆様、関係機関の皆様に、改めて感謝を申し上げます。

相模原市議会代表質問

更新日:2022年09月02日
カテゴリ:活動報告
Share Button

相模原駅北口地区のまちづくりについて
〜令和6年度を目途に土地利用計画を策定〜

 相模原駅北口地区のまちづくりについて、本年5月に策定した土地利用方針等を踏まえ、現在、土地利用計画の検討に着手しており、本年度末に、脱炭素の考え方を取り入れた土地利用計画の方向性を公表する予定です。
 また、来年度以降には施設配置や規模、道路等都市基盤の検討を進め、令和6年度を目途に土地利用計画を策定してまいります。

朝の挨拶活動

更新日:2022年08月31日
カテゴリ:活動報告
Share Button

今朝は、鹿島台小学校にて新学期がスタートした児童の皆さんに挨拶を行いました。

子どもたちの元気な挨拶に触れ、今日も頑張っていきます!

藤井裕久先生 お別れの会

更新日:2022年08月28日
カテゴリ:活動報告
Share Button

 藤井裕久事務所OB・OGの先輩等と計画をしたお別れの会を、多くの皆様にお越しをいただき、執り行いました。

 旧3区時代からご一緒してきた甘利明先生、長い間支えてくださった長友よしき先生らに弔辞をお読みいただき、皆様には献花をしていただきました。

 私は、「いつでも、どこでも、どなたにでも同じことを言える政治家になれ」と言われてきたことを信念に、これからも党派をこえて国づくり、地域づくりに励んでいくことをお約束しました。

もとむら賢太郎後援会 女性の集い〜つくる。幸せ色あふれる相模原〜

更新日:2022年08月27日
カテゴリ:活動報告
Share Button

木村まさ子さんを講師にお招きをし、「言葉の大切さ」についてご講演をいただきました。
「ありがとう」という言葉の大切さも痛感しました。

また私からは、相模原市の未来像について市政報告を行いました。

今後も猪熊女性部長、小松女性部長代行らと心合わせを行い、女性部の絆を深めていきたいと思います。

明日8月23日より市議会9月定例会議がスタート

更新日:2022年08月22日
カテゴリ:活動報告
Share Button

 9月定例会議では、令和3年度の決算のほか、補正予算、地方公務員法の改正に伴う職員の定年の引き上げに関する議案、城山地区や藤野地区の保育所や幼稚園、認定こども園の再編に関する議案、本市では2校目となる義務教育学校「鳥屋学園」の設置に関する議案などを提案させていただきます。
 令和3年度決算について説明いたします。令和3年度の一般会計決算は、歳入決算額が3423億6千万円、歳出決算額が3170億5千万円で、過去最高だった昨年度に次ぐ、2番目の規模となりました。歳入決算額から歳出決算額等を差し引いた実質収支は247億3千万円の黒字となっております。決算の剰余金につきましては、9月補正予算において、市民の安全、安心の確保に資する事業を中心に、一部、計上したほか、残額につきましても、今後の財政需要を見据え、適時、的確に活用してまいります。
  続いて、補正予算についてです。7月27日の定例記者会見の時にもお話しましたが、新型コロナウイルス感染症に対応する事業や原油価格・物価高騰対策に係る事業に要する経費等を計上しました。具体的には、高齢・障害者施設や児童福祉施設等への支援金の支給や、国民健康保険や後期高齢者医療保険に加入している個人事業主等が新型コロナウイルス感染症に感染した場合に傷病見舞金を支給してまいります。傷病見舞金の支給については、県内および指定都市では初めての取組です。
また、物価高騰の影響を受けている事業者や市民を支援するための消費喚起策として、スマートフォン決済を利用したポイント還元事業を、昨年に引き続き、実施してまいります。新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策としては、これまでにも学校や保育所等において段階的に自動水栓化を進めてきましたが、設置が可能な全ての公共施設に自動水栓を導入するほか、避難所における居住区画の区分けに必要な物品等を整備することで、密を避け、衛生環境に配慮した避難所運営を図ってまいります。
 次に、損害賠償請求に係る訴えの提起に関する議案についてです。相手方は、元麻溝台・新磯野地区整備事務所長であります。元所長は、在籍していた平成27年4月以降に、本事業の施行地区内の土地評価業務等を受託するコンサルティング会社に対し、一部の土地について基準によらない評価を行うよう、複数回にわたり指示をしました。その結果、事業の再開にあたり、改めて土地評価、換地設計及び仮換地指定の見直し等の作業が発生する損害を被ったため、相手方に対し、4,037万8,528円の損害賠償請求の訴えを提起するものです。

ブログ

ブログ内検索
最新記事
ピックアップカテゴリ
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
いいね!をお願いします!
facebook更新中!
Twitterフォローはこちら
↓のボタンをクリック


もとむら賢太郎 Facebook
もとむら賢太郎 Twitter
お知らせ
活動フォトギャラリー
もとむら賢太郎物語
もとむら賢太郎の奮闘日記
もとむら賢太郎 活動報告

【もとむら賢太郎後援会事務所】

〒252-0332
相模原市南区西大沼2-52-13
大沼センタービル

【TEL】042-851-6152
【FAX】042-851-6162 事務所案内

広報さがみはら県のたよりTOKYO2020