もとむら賢太郎 公式ブログ もとむらの声

カテゴリー別一覧

まちかど市長室(2022-09-11)

更新日時:2022/09/11
カテゴリ▼
Share Button

本日は田名地区、上溝地区の2カ所にてまちかど市長室を行いました。

市民の皆様からの市政へのご意見やご提言を力にしながら、頑張っていきます。

初のメディア交流会〜相模原市シティセールス〜(2022-09-07)

更新日時:2022/09/07
カテゴリ▼
Share Button

首都圏メディアとのネットワークを構築すると共に、相模原市のプロモーションを実施し、メディアの皆様のお力をいただき、本市を全国に発信していきたいと考え、メディア交流会を都内で実施しました。

本市からは、久保田酒造株式会社 蔵人頭 太田将志さん、旬鮮酒場NOBU 店長 佐藤章伸さんらにお越しをいただき、「相模原市の地酒と食を愉しむ」企画を行いました。

参加者の皆様からも「相模原は面白い場所があるんですね。」「今度行ってみたい。」といったご意見をいただきました。励みになります!

令和4年度 相模原市総合防災訓練〜相模原市は災害に強いまちづくりを進めます〜(2022-09-05)

更新日時:2022/09/05
カテゴリ▼
Share Button

 本日は早朝より、「相模原市総合防災訓練」に自治会をはじめ、市民の皆様、消防団、そして、陸上・航空自衛隊、在日米陸軍、神奈川県警察、九都県市、医療機関、ライフライン事業者など、約100機関、2000人の皆様に訓練に御参加いただき、3年ぶりに開催することができました。
また、本市の防災行政に携わる方々、多くの来賓の皆様方におかれましては、訓練を御覧いただき、深く感謝申し上げます。

(総合防災訓練)
 本日の総合防災訓練は「本市直下を震源とする大規模な地震」の発生を想定し、迅速かつ円滑な災害応急対策の実施などを目的として、自主防災隊、自衛隊、在日米陸軍、神奈川県警察をはじめ、防災関係機関と連携を図りながら、「自助」「共助」「公助」の力を高める各種訓練を行うことができたと考えております。
本日の訓練を通して、災害が発生した際には、防災関係機関の皆様の御支援、御協力が、必要不可欠であると、改めて、認識するとともに、心強く感じたところでございます。
また、関東大震災から100年という節目の年にあたる来年の9月1日に実施する九都県市合同の防災訓練では、本市がメイン会場になる予定であり、その予行訓練としても位置付けた中での実施でした。
防災関係機関の皆様方による訓練活動を拝見し、来年の「九都県市合同防災訓練」の開催に向けて、大きな成果が得られたと考えております。
災害から市民の皆様の生命・財産を守るためには、自治会を中心とする自主防災組織や防災関係機関、事業所及び行政等が一体となって、行動することが必要であり、こうした訓練を重ね、いざという時に対応できるよう備えておくことが大切です。

(安全・安心への取組)
 本市においては、昨年、「さがみはら防災ガイドブック」を全戸に配布し、市民の皆様にマイタイムラインの作成方法をご案内するとともに、小学校での防災教育や地域での風水害対策訓練の場で作成実習などを行っており、災害に備えた取組を推進しております。
また、避難所における新型コロナウイルス感染症対策として、避難所用テントと簡易エアベッドの配備を順次進めており、災害発生時にも、安心して避難生活を送れるよう、取り組んでおります。
皆様には、家庭や地域、職場での自分自身の役割などを改めて御確認いただき、「災害に強いまちづくり」を推進するため、より一層の御協力をお願い申し上げます。

 本日は、御多用の中、長時間にわたり、御列席を賜わりました御来賓の皆様方、並びに御参加いただいた市民の皆様、関係機関の皆様に、改めて感謝を申し上げます。

相模原市議会代表質問(2022-09-02)

更新日時:2022/09/02
カテゴリ▼
Share Button

相模原駅北口地区のまちづくりについて
〜令和6年度を目途に土地利用計画を策定〜

 相模原駅北口地区のまちづくりについて、本年5月に策定した土地利用方針等を踏まえ、現在、土地利用計画の検討に着手しており、本年度末に、脱炭素の考え方を取り入れた土地利用計画の方向性を公表する予定です。
 また、来年度以降には施設配置や規模、道路等都市基盤の検討を進め、令和6年度を目途に土地利用計画を策定してまいります。

朝の挨拶活動(2022-08-31)

更新日時:2022/08/31
カテゴリ▼
Share Button

今朝は、鹿島台小学校にて新学期がスタートした児童の皆さんに挨拶を行いました。

子どもたちの元気な挨拶に触れ、今日も頑張っていきます!

藤井裕久先生 お別れの会(2022-08-28)

更新日時:2022/08/28
カテゴリ▼
Share Button

 藤井裕久事務所OB・OGの先輩等と計画をしたお別れの会を、多くの皆様にお越しをいただき、執り行いました。

 旧3区時代からご一緒してきた甘利明先生、長い間支えてくださった長友よしき先生らに弔辞をお読みいただき、皆様には献花をしていただきました。

 私は、「いつでも、どこでも、どなたにでも同じことを言える政治家になれ」と言われてきたことを信念に、これからも党派をこえて国づくり、地域づくりに励んでいくことをお約束しました。

もとむら賢太郎後援会 女性の集い〜つくる。幸せ色あふれる相模原〜(2022-08-27)

更新日時:2022/08/27
カテゴリ▼
Share Button

木村まさ子さんを講師にお招きをし、「言葉の大切さ」についてご講演をいただきました。
「ありがとう」という言葉の大切さも痛感しました。

また私からは、相模原市の未来像について市政報告を行いました。

今後も猪熊女性部長、小松女性部長代行らと心合わせを行い、女性部の絆を深めていきたいと思います。

明日8月23日より市議会9月定例会議がスタート(2022-08-22)

更新日時:2022/08/22
カテゴリ▼
Share Button

 9月定例会議では、令和3年度の決算のほか、補正予算、地方公務員法の改正に伴う職員の定年の引き上げに関する議案、城山地区や藤野地区の保育所や幼稚園、認定こども園の再編に関する議案、本市では2校目となる義務教育学校「鳥屋学園」の設置に関する議案などを提案させていただきます。
 令和3年度決算について説明いたします。令和3年度の一般会計決算は、歳入決算額が3423億6千万円、歳出決算額が3170億5千万円で、過去最高だった昨年度に次ぐ、2番目の規模となりました。歳入決算額から歳出決算額等を差し引いた実質収支は247億3千万円の黒字となっております。決算の剰余金につきましては、9月補正予算において、市民の安全、安心の確保に資する事業を中心に、一部、計上したほか、残額につきましても、今後の財政需要を見据え、適時、的確に活用してまいります。
  続いて、補正予算についてです。7月27日の定例記者会見の時にもお話しましたが、新型コロナウイルス感染症に対応する事業や原油価格・物価高騰対策に係る事業に要する経費等を計上しました。具体的には、高齢・障害者施設や児童福祉施設等への支援金の支給や、国民健康保険や後期高齢者医療保険に加入している個人事業主等が新型コロナウイルス感染症に感染した場合に傷病見舞金を支給してまいります。傷病見舞金の支給については、県内および指定都市では初めての取組です。
また、物価高騰の影響を受けている事業者や市民を支援するための消費喚起策として、スマートフォン決済を利用したポイント還元事業を、昨年に引き続き、実施してまいります。新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策としては、これまでにも学校や保育所等において段階的に自動水栓化を進めてきましたが、設置が可能な全ての公共施設に自動水栓を導入するほか、避難所における居住区画の区分けに必要な物品等を整備することで、密を避け、衛生環境に配慮した避難所運営を図ってまいります。
 次に、損害賠償請求に係る訴えの提起に関する議案についてです。相手方は、元麻溝台・新磯野地区整備事務所長であります。元所長は、在籍していた平成27年4月以降に、本事業の施行地区内の土地評価業務等を受託するコンサルティング会社に対し、一部の土地について基準によらない評価を行うよう、複数回にわたり指示をしました。その結果、事業の再開にあたり、改めて土地評価、換地設計及び仮換地指定の見直し等の作業が発生する損害を被ったため、相手方に対し、4,037万8,528円の損害賠償請求の訴えを提起するものです。

相模原市「中山間地域プレスツアー」(2022-08-18)

更新日時:2022/08/18
カテゴリ▼
Share Button

 プレスの皆様に遠方より相模原市へ足をお運びいただき、本日「中山間地域プレスツアー」を開催させていただいております。

 本市は、戦後生まれの市として初の政令指定都市であり、この若さあふれる相模原市の大きな特徴は都心から、約1時間と近くにありながら、「都市と自然がベストミックスしたまち」であるところです。そうした本市の魅力やポテンシャルを、市内外の、若者や子育て世代をはじめ多くの方に知っていただけるよう 効果的な情報発信をしていただきたく、プレスツアーを企画させていただきました。
 本日ご案内する本市の中山間地域には、ご覧のとおり豊かな大自然が広がっており、「陣馬山」や「石老山」など、初心者でも安心して登山できる山があるほか、「鬼滅の刃」に登場するキャラクター「時透 無一郎」の聖地として「景信山」がにわかに脚光を浴びています。このほかにも、「幻の大豆」と呼ばれる津久井在来大豆や藤野産の柚子、佐野川茶、日本酒の相模灘などの特産品のほか、甲州街道沿いにある小原宿本陣、吉野宿の宿場跡など、歴史を感じるスポットがあります。こうした地域資源に加え、本日、ご参集いただいた橋本駅周辺にはリニア中央新幹線の神奈川県唯一の駅が設置され、品川から約10分で結ばれる予定であることから、将来を見据えたまちづくりを進めており、大きなポテンシャルに期待をしているところです。
 この後、リバートレッキングを体験していただきますが、津久井湖、相模湖など豊富な水資源があることから、今いる青野原オートキャンプ場も含め、道志川沿いには地形を生かしたキャンプ場が数多くあり、観光客からは「キャンプ場銀座」と呼ばれるほどです。キャンプ場の多くは、令和元年東日本台風によって大きな被害を受けましたが、現在では復旧し、更には、新型コロナの影響によるマイクロツーリズムの進展も相まって大変、賑わっております。リバートレッキング体験では、こうしたストーリーが背景にあることも踏まえながら体験・体感をしていただけたらと存じます。
 その後にご案内する藤野地区は、古くから芸術家が移り住んでいる歴史があり、今でも300人ほどの芸術家がアトリエを構えて活動をされています。また、中央自動車道から見える「緑のラブレター」をはじめ、「芸術の道」や「藤野芸術の家」など芸術に親しんでいただける場所が多く存在し、「藤野ぐるっと陶器市」など、住民主体のイベントも数多く開催されております。本日は、本市の魅力をほんの一部の紹介とはなりますが、存分に体験・体感、取材をしていただき、皆さまのメディアやネットワーク、SNSを通じて、情報発信をしていただければ幸いに存じます。
 また、本日のプレスツアーの開催にあたり、「里山 津久井をまもる会」の安川 様をはじめ、多くの皆さまのご協力をいただきましたことに、この場を借りて感謝を申し上げます。
 令和4年1月の国の発表で、本市は他自治体からの転入者が転出者を上回る、『転入超過数』が全国の自治体で10位との結果でした。本市では、今後も本市のもつ様々な魅力を効果的に発信することにより、定住・転入を促進し、「子育てするなら相模原」、「第2・第3の人生を過ごすなら相模原」、「起業をするなら相模原」と言っていただける「幸せ色あふれるまち」の実現に取り組んでまいります。
 天候は午後から回復傾向にあることから、感染対策とこまめな水分補給に留意いただきながら、今日1日、楽しんでいただければ幸いです。

9月4日 相模原市総合防災訓練(2022-08-17)

更新日時:2022/08/17
カテゴリ▼
Share Button

 この訓練は、大規模な地震災害が発生した際に、市民の皆様の生命・財産を守るため、迅速かつ円滑な災害応急対策を図ることを目的に実施するものです。市内で最大震度6強の揺れが発生したことによる建物倒壊や火災等を想定した救出救助・消火訓練を行うほか、電気、ガス、水道、通信等のライフライン復旧訓練など、自衛隊、在日米陸軍、警察、消防等の約100の防災関係機関が参加する大規模な訓練となっております。
 また、関東大震災から100年という節目の年にあたる来年の9月1日に実施する九都県市合同の防災訓練では、本市がメイン会場になる予定であり、その予行訓練としても位置付けています。
 本市の防災に関する体制・技術、そして思いを伝える内容となっています。
 市民の皆さまにとっても、いざという時に、自分や大切な人を守るために何ができるのか、何をするべきなのかを学んだり、考えたりするきっかけにしていただきたいと思いますので、9月4日の午前10時から11時30分まで、相模総合補給廠の一部返還地に足をお運びいただきたいと思います。

« 前ページへ次ページへ »

ブログ

ブログ内検索
最新記事
ピックアップカテゴリ
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
いいね!をお願いします!
facebook更新中!
Twitterフォローはこちら
↓のボタンをクリック


もとむら賢太郎 Facebook
もとむら賢太郎 Twitter
お知らせ
活動フォトギャラリー
もとむら賢太郎物語
もとむら賢太郎の奮闘日記
もとむら賢太郎 活動報告

【もとむら賢太郎後援会事務所】

〒252-0332
相模原市南区西大沼2-52-13
大沼センタービル

【TEL】042-851-6152
【FAX】042-851-6162 事務所案内

広報さがみはら県のたよりTOKYO2020