もとむら賢太郎 公式ブログ もとむらの声

月別アーカイブ一覧

九都県市首脳会議 要望活動(2021-06-10)

更新日時:2021/06/10
カテゴリ:活動報告
Share Button
本日は赤間衆議院議員に同行をいただき、九都県市首脳会議において、本市が提案した「児童相談所等の更なる体制強化について」に係る要望書を大隈厚生労働大臣政務官にお渡しました。
 全国の児童相談所及び市町村における相談対応件数が近年、増加の一途を辿る中、国では、「児童相談所強化プラン」等において、児童相談所や市区町村の体制強化を図っていると承知しています。
 地方自治体においては、こうした体制強化策に応じて、人員の確保や育成等に取り組んでいるところですが、虐待相談対応件数の多い都市部においては、現行の職員の配置標準のままでは国の示す業務量の実現や担当職員への十分な指導・教育が困難であるなどの課題を抱えています。
 そこで、特に要望したい3点の項目について、説明させていただきました。
 まず1点目は、「児童福祉司スーパーバイザーについて、児童・保護者への指導を行う児童福祉司とは別に配置することの法定化」です。
 国の強化プランにおいて、児童福祉司一人当たり業務量は40ケース相当となるよう配置標準が見直されているところですが、児童福祉司スーパーバイザーについては法令に定められた配置の基準が全体で配置される児童福祉司の内数に含まれています。
 児童福祉司スーパーバイザーが他の児童福祉司の指導・教育を適切に行うためにはケースを持つべきではないと考えますが、児童福祉司スーパーバイザーを除く児童福祉司一人当たり業務量が、多い時では50ケースを超え、スーパーバイザー自らもケースを担当しなければならない状況となっています。
 このため、ケース担当の児童福祉司がスーパーバイザーの相談・助言を受けたい時にスーパーバイザー自身が日常的にケース対応に追われているために、指導・教育を行う時間が十分に持てないことが課題となっています。
 こうしたことから、児童福祉司スーパーバイザーについて、本来の職務に専念できる体制を構築するため、児童・保護者への指導を行う児童福祉司とは別に配置することを法定化していただきたいと思います。
 あわせて、児童心理司スーパーバイザーについて、児童福祉司スーパーバイザーと同様、役割を明確に規定した上で 児童心理司とは別に配置することを法定化していただきたいと思います。
 2点目は、「保護者支援や親子再統合支援を担当する児童福祉司及び児童心理司を配置することの法定化」です。
 児童虐待の早期発見・早期対応に加え、その後の保護者や児童に対する支援の充実が求められていますが、そのための人員配置について規定がなく、親子再統合支援を専任で行う体制に必ずしもなっていない状況です。
 このため、保護者支援や親子再統合支援を担当する児童福祉司及び児童心理司の配置について法定化していただきたいと思います。
 3点目は、「市区町村子ども家庭総合支援拠点における職員の配置標準の、常勤職員を原則とした法定化」です。
 「子ども家庭総合支援拠点」については、平成28年の法改正により法定化され、本市では各区に設置した子育て支援センターを同拠点として位置付けました。
 児童虐待相談等の件数の増加や、家族が抱える課題の複雑化により、子ども家庭総合支援拠点においても、専門的な知識を有する常勤職員による対応が必要となっています。
 しかし、現行の補助制度は、対象を非常勤職員に限定しているため、常勤職員の十分な配置が難しい状況となっています。
 このことから、継続的かつ専門的な相談対応を行うため、設置運営要綱に定められている「市区町村子ども家庭総合支援拠点」における職員の配置標準について、常勤職員を原則とし、法定化していただきたいと思います。
 主な要望項目は以上の3点ですが、その実現には、十分な財政措置が不可欠であると考えています。
 引き続き、虐待発生時の迅速な対応、虐待を受けた子どもの自立支援等に至るまで、切れ目ない支援を受けられる体制を構築するために、児童相談所等の更なる体制強化について、是非とも、ご検討いただきたいことをお伝えしました。
197319095_4393092644043688_2156204543225841571_n 198771288_4393092630710356_7500286578194801228_n 196143564_4393092597377026_4022901926186198593_n

新型コロナウイルス感染症による新たな患者の確認(4249〜4259例目)について(2021-06-10)

更新日時:2021/06/10
カテゴリ:活動報告
Share Button
本市内において、新たに新型コロナウイルスに感染した患者さんが11人(市内在住者11人、感染経路不明4人)確認されましたので、お知らせします。 このことで、本市では、合計4255例(うち市内在住者3814例)の感染が確認されたことになります。
引き続き、関係自治体と連携し、調査を行ってまいります。
○クラスタ―について
【クラスターNo.51 企業(中央区)】
これまでに公表した従業員31人(本市公表23人、市外公表8人)に加え、新たに3人(本市公表2人、市外公表1 人)の陽性が判明し、合計34人の陽性が確認されました。
【クラスターNo.52 通所介護事業所(中央区)】 これまでに公表した職員4人、利用者2人に加え、新たに利用者1人の陽性が判明し、合計7人の陽性が確認さ れました。
なお、これまでに本市で陽性が確認された方のうち、4,013名の方が回復されています。(6月10日時点)
※ 患者・ご家族の人権尊重・個人情報保護にご理解とご配慮をお願いします。
※ 発生届及び発表の取下げがあったため、患者合計数と症例No.とは一致しません。
197077397_4392622187424067_7593028346785208495_n 196797172_4392622170757402_6702175295413869035_n

小学校給食用の地場産豚肉の寄贈(2021-06-10)

更新日時:2021/06/10
カテゴリ:活動報告
Share Button
(株)高座豚手作りハム 志澤社長ら及び(有)相模原畜産 金井社長からの小学校給食用地場産豚肉の寄贈を受けました。
 高座豚2頭分100kgをいただき、上溝南小学校と弥栄小学校の給食食材として使用させていただきます。子供たちの「食育」にも役立てていきたいと思います。
 豚肉好きとしては、今週二度もとんかつをいただきました。パワーアップして頑張ります。
2人、立っている人の画像のようです

ブログ

ブログ更新カレンダー
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ブログ内検索
最新記事
ピックアップカテゴリ
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
いいね!をお願いします!
facebook更新中!
Twitterフォローはこちら
↓のボタンをクリック


もとむら賢太郎 Facebook
もとむら賢太郎 Twitter
お知らせ
活動フォトギャラリー
もとむら賢太郎物語
もとむら賢太郎の奮闘日記
もとむら賢太郎 活動報告

【もとむら賢太郎後援会事務所】

〒252-0332
相模原市南区西大沼2-52-13
大沼センタービル

【TEL】042-851-6152
【FAX】042-851-6162 事務所案内

広報さがみはら県のたよりTOKYO2020