もとむら賢太郎 公式ブログ もとむらの声

月別アーカイブ一覧

まん延防止等重点措置の適用決定を受け、下記のとおり市長メッセージを発出させていただきました。(2021-04-16)

更新日時:2021/04/16
カテゴリ:活動報告
Share Button

まん延防止等重点措置の適用決定を受け、下記のとおり市長メッセージを発出させていただきました。

相模原市長の本村賢太郎です。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大傾向を受け、政府は4月16日に、神奈川県を含む4県への新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」の適用を決定し、これを受け、神奈川県は、本市を含む県内3政令市を対象区域としました。
まん延防止等重点措置は、都道府県の特定の区域において感染が拡大し、その都道府県全域に感染が拡大するおそれがある場合に、その区域に絞って、外出自粛や飲食店の営業時間短縮の要請など、必要な措置を講じるもので、今回は、4月20日から5月11日が適用期間となります。
3月21日をもって緊急事態宣言が解除されてから、約1カ月という短期間で今回の措置に至ったことは、市民の皆様、事業者の皆様のご負担を思うと心苦しい限りですが、今後の感染再拡大を防ぐため、間もなく迎える大型連休においてもできるだけ外出を控えるなど、一人ひとりが実行可能な感染防止対策を徹底していただくようお願いいたします。
本市といたしましても、感染症対策を始め、生活支援策や各種経済対策等を引き続き推進してまいります。
また、ワクチン接種につきましては、4月12日から高齢者施設の入所者及び従事者への「訪問接種」を開始いたしました。5月中旬からは、市が設置する会場での「集団接種」を実施するとともに、6月以降、医療機関での「個別接種」を順次実施していく予定であり、引き続き市民の皆様が安心してワクチン接種を受けることができるよう、取り組んでまいります。
最後になりますが、今現在も医療現場の最前線で対応をされている医療従事者を始め、 感染拡大の予防に取り組まれている多くの市民の皆様、事業者の皆様に深く感謝を申し上げるとともに、感染された方の一日も早い回復をお祈りいたします。
併せて、感染された方やご家族等の人権尊重・個人情報保護にもご理解とご配慮をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症による新たな患者の確認(3323〜3337例目)について(2021-04-16)

更新日時:2021/04/16
カテゴリ:活動報告
Share Button
本市内において、新たに新型コロナウイルスに感染した患者さんが15人(市内在住者11人、感染経路不明14人)確認されましたので、お知らせします。
このことで、本市では、合計3333例(うち市内在住者2936例)の感染が確認されたことになります。
引き続き、関係自治体と連携し、調査を行ってまいります。
なお、これまでに本市で陽性が確認された方のうち、3,151名の方が回復されています。(4月16日時点)
※ 患者・ご家族の人権尊重・個人情報保護にご理解とご配慮をお願いします。
※ 発生届及び発表の取下げがあったため、患者合計数と症例No.とは一致しません。
173684503_4226018750751079_5486835596472068825_n 173242093_4226018744084413_2159867625484583989_n

エフエムさがみ「ラジオ市長室」3(2021-04-16)

更新日時:2021/04/16
カテゴリ:活動報告
Share Button
放送日時:4月16日(金)午後 1時00分~29分
再放送日時:4月17日(土)午前11時00分~29分
3 行財政構造改革プラン(案)について
Q 相模原市行財政構造改革プランについて、先日、パブリックコメントが終了したと思うのですが、策定に向け、現在どのような状況でしょうか。
A 行財政構造改革プランについては、市議会や各団体の皆様から様々なご意見をいただいたほか、令和3年1月15日から2月22日まで実施した、パブリックコメントでは、2,651人の皆様から、約3,600件ものご意見をいただきました。
 本改革プランを策定し、取り組んでいく目的は、持続可能な行財政基盤をしっかり築くことにより、将来に、市民の皆様に本当に必要な施策を実現することであり、市民の皆様が誇れる相模原をともに作ってまいりたいと考えております。
そのため、皆様との対話の中で、ご理解とご協力を得ながら着実に成し遂げてまいりたいと考えており、このように多くのご意見をいただいたことに、感謝申し上げます。
 特に、パブリックコメントのご意見の約41% 約1,500件(市内:約640件、市外:約860件)は銀河アリーナに関するもので、主に、施設の存続を望むご意見を多くいただきました。
 私としても、こうした市民の皆様からの声に耳を傾け、市議会からのプランに関する決議も踏まえ、本改革プランの策定に向け、取り組んでいるところです。
 これまでに、私が本部長を務める行財政構造改革本部会議で、18回の会議を行い、行財政構造に対する新しい視点や、公共施設の今後の方向性等について議論・調整してまいりました。
 また、多数意見が寄せられたパブリックコメントに関しても一人ひとりの想いを極力汲み取るよう努め、議論を重ねているところです。
 こうした経過を踏まえ、内容がほぼ固まってきており、現在のところ、4月中の策定を予定しております。策定した際には、市のホームページ等で公開します。
 将来に笑顔と希望があふれる市政を実現し、 また、市民の皆様が相模原市に住んで良かったと思えるようなまちづくりを実現するために、着実に成し遂げてまいります。
173220284_4225729017446719_1430860424016490057_n (1)

エフエムさがみ「ラジオ市長」(2021-04-16)

更新日時:2021/04/16
カテゴリ:活動報告
Share Button
放送日時:4月16日(金)午後 1時00分~29分
再放送日時:4月17日(土)午前11時00分~29分
2 大学生等未来応援事業などの取り組みについて
Q 相模原市の大学生等への取組については?
A【大学生等未来応援事業】
コロナ禍等で経済的に影響を受けている本市の大学生等を支援するため、昨年5月末から、地域の生産者や企業、団体、市民の皆様にご協力をいただき、地元産の新鮮な野菜をはじめ、米や生卵など、食材等を提供する「大学生等未来応援事業」を実施しております。
 全国から親元を離れ、本市で暮らしている学生が多くいらっしゃいます。
 私も昨年度、現場に足を運び、学生の皆さんの声を直に伺ったが、アルバイトなどが減り、厳しい生活を強いられているとのことでした。
 食材等の提供により、支援の手を差し伸べてくださっている皆さんには、この場をお借りし、深く感謝を申し上げる。
 今年の3月末までの利用者は延べ7,200人を超え、継続を望む声を多くいただいており、令和3年度についても、継続して実施することとしました。
 配布する食材は、米、野菜、生卵、インスタント食品、調味料類、飲料などで、毎月第3土曜日に実施するほか、地元農業者や市民の皆様から食材の提供があった際には、随時、実施することもあります。
 毎月第3土曜日の実施会場や開催時間、随時実施する際のお知らせを受け取る方法など、詳細は市ホームページをご覧いください。今月は17日の実施で、私も足を運び、支援者の皆さんに感謝を申し上げるとともに、学生の皆さんを激励したいと考えております。
 相模原市の若者を応援する主旨に賛同する団体や企業、市民の皆様からの食材等の寄贈は引き続き広く受け付けているので、主旨に賛同していただける方は、ぜひご連絡をお待ちしております。
こども・若者支援課 042-769-8289
<参考>定期実施について
〇中央区(8回)日時:4月17日、6月19日、7月17日、9月18日、10月16日、12月18日、1月15日、3月19日
会場:青少年学習センター(中央区矢部新町3-15)
時間:午前10時から午後6時まで
〇南区(3回)
日時:5月15日、11月20日、2月19日
会場:ユニコムプラザさがみはら(南区相模大野3-3-2)
時間:午後1時から午後5時まで
〇緑区(1回)
日時:8月21日
会場:ソレイユさがみ(緑区橋本6-2-1)
時間:午後1時から午後5時まで
<参考>随時実施について
青少年学習センター公式LINEアカウントでお知らせ。
日時:令和3年4月から食材が入荷次第実施
会場:青少年学習センター(中央区矢部新町3-15)
時間:食材入荷時から当日の午後8時まで
Q【食の支援による子ども・子育て等協働提案事業】
A 関連する取組として、児童扶養手当受給世帯や就学奨励金交付決定世帯等の子育て家庭に対して、食材配布で応援する事業を、4月から民間との協働でスタートしました。
 事前の申し込み制で、毎月50世帯、受け取り方法を自宅と会場とで選択でき、主食とおかず、調味料等がセットになった、買い物袋1袋ほどの量を配布させていただきます。
 申し込みはコールセンターや市ホームページで受け付ける。詳細は、4月1日の広報さがみはらや、市ホームページをご覧ください。
173386497_4224900410862913_3469940766118214195_n

エフエムさがみ「ラジオ市長室」1(2021-04-16)

更新日時:2021/04/16
カテゴリ:活動報告
Share Button
放送日時:4月16日(金)午後 1時00分~29分
再放送日時:4月17日(土)午前11時00分~29分
1 新型コロナウイルス感染症の状況について
Q 現在の新型コロナウイルス感染症の状況や、相模原市のワクチン接種に関する情報などについて教えてください。
A 新型コロナウイルス感染症の状況については、全国的に新たな感染者が増加していることから、大阪府や兵庫県、東京都などで「まん延防止等重点措置」が適用されており、神奈川県でも、「まん延防止等重点措置」の適用について
政府に要請する準備に入ったと伺っています。
<参考>まん延防止等重措置の対象地域と期間
4月 5日~5月 5日 大阪府、兵庫県、宮城県
4月12日~5月11日 東京都(23区、八王子市、町田市、府中市、
調布市、立川市、武蔵野市)
4月12日~5月 5日 京都府、沖縄県
※神奈川県は、4月14日(水)に政府に要請する準備に入り、15日(木)に対策本部会議で正式に決定。
 本市においても、新規患者数は1月をピークに減少し、下げ止まりの状態が続いていたが、感染の再拡大のきざしがうかがえます。
<参考>神奈川県内の変異株感染者 166名(4月14日現在)
 市民の皆様、事業者の皆様には、「うつらない、うつさない」を合言葉に、引き続き、手洗い、マスクの着用、3密を避けることや、マスク会食など、感染症対策を徹底していただくよう、お願い申し上げます。
Q ワクチン接種については?
A 本市としては、感染防止対策を徹底するとともに、速やかなワクチン接種を進めていきます。
 本市においては、4月8日に、新型コロナウイルスワクチン1箱が第一弾として納品され、今後、5月3日の週までに、さらに28箱の計29箱が納品される予定です。
<参考>納品予定
・4月中に5箱が納品予定(うち1箱は納品済)
・上記とは別に、4月26日の週と5月3日の週に24箱が納品予定
【5箱+24箱=29箱】
 1箱あたり195瓶入っていて、各瓶5回接種できます。1箱だと975回分で、29箱だと28,275回分となり、1人あたり2回接種するため、約14,000人分に限られております。
 ワクチンの安定的な供給については、国へも申し入れを行っているところですが、本市に、ワクチンの接種対象となる16歳以上の人口は、約63万9000人おり、現時点でワクチンの供給量が、必要量の約2%に留まっております。
 そのため、4月については、クラスターの発生を未然に防止するため、高齢者施設15施設の入所者及び施設職員への訪問接種を実施することとし、4月12日からワクチン接種を開始したところです。
 私も、接種が開始された4月12日に、高齢者施設に伺い、接種の状況を視察しました。
 今後、75歳以上の市民の皆様には、4月下旬にクーポン券と予診票を郵送予定で、5月からワクチン接種の予約を開始する予定です。
 65歳から74歳の方は、5月中旬以降にクーポン券と予診票を発送する予定ですが、現時点では、ワクチン供給時期が見込めないため、ワクチン接種の時期については、決まり次第お知らせさせていただきます。
 そのほかの市民の方についても、ワクチン供給の見通しが明らかになった段階で、広報さがみはらや市ホームページでお知らせさせていただきます。
 新型コロナウイルスワクチン接種に関する手続き等の問合せや相談は、専用のコールセンターを開設しているので、お問い合わせください。
<参考>専用コールセンター
受付時間:午前8時30分から午後7時まで(土・日、祝日を含む。)
電話番号:042-767-2101(直通)
042-767-2104(外国人専用ダイヤル)
※外国人専用ダイヤルの対応言語:英語、中国語、韓国語
173891587_4224886070864347_5312541178169391915_n

ブログ

ブログ更新カレンダー
2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ブログ内検索
最新記事
ピックアップカテゴリ
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
いいね!をお願いします!
facebook更新中!
Twitterフォローはこちら
↓のボタンをクリック


もとむら賢太郎 Facebook
もとむら賢太郎 Twitter
お知らせ
活動フォトギャラリー
もとむら賢太郎物語
もとむら賢太郎の奮闘日記
もとむら賢太郎 活動報告

【もとむら賢太郎後援会事務所】

〒252-0332
相模原市南区西大沼2-52-13
大沼センタービル

【TEL】042-851-6152
【FAX】042-851-6162 事務所案内

広報さがみはら県のたよりTOKYO2020