もとむら賢太郎 公式ブログ もとむらの声

月別アーカイブ一覧

Ⅱ 令和3年に取り組むこと (記者取材より)(2020-12-22)

更新日時:2020/12/22
カテゴリ:活動報告
Share Button
3 シビックプライド条例の制定について
 シビックプライドとは、市民が都市に対して「誇り」、「愛着」、「共感」を持ち、「まちのために、自ら関わっていこうとする気持ち」のことです。
 こうした意識を醸成していくことで、市民のまちづくりへの参画意識の高まり、協働によるまちづくりの推進や地域コミュニティの活性化に繋がるものと考えています。
 市民の皆さんとの対話を通じて感じていることは、本市には多彩な魅力や多くの資源があるにも関わらず、市民の皆さんに十分に伝わっていないということです。
 このため、本市として積極的に情報発信に取り組んだほか、私自身も、地区まちづくりを考える懇談会などで市民の皆さんとの対話の中で、本市の魅力の積極的な発信に努めてきました。
 また、シビックプライド醸成のため、条例の制定に取り組んでいるところです。
 令和元年11月に、学識経験者や公募市民で構成される「シビックプライドの推進に関する検討委員会」を組織し、令和2年10月には、条例案の骨子について答申を受けました。
 現在、条例案に関するパブリックコメントを実施しており、市民の皆さんから忌たんのないご意見をお寄せいただきたいと思います。
 また、1月15日に、JAXA宇宙科学研究所長 國中均さん、本市出身の俳優 稲葉友さんらをお招きしてシンポジウムを開催し、条例案やシビックプライド醸成について、市民の皆さんとともに考える機会としたいです。
 こうした取組を踏まえ、3月の市議会定例会議に条例案を提案したいと考えています。
4 行政改革・押印廃止の取組について
 国において、河野行政改革担当大臣により規制改革、行政改革が積極的に進められています。
 本市においても、持続可能な都市経営を推進するため、行政改革に取り組んでいるところであり、国における規制改革、行政改革は、本市にとっても大変有益であることから、職員を派遣し、国と協力しながら取組を進めるとともに、そこで得た知識、経験などを市に還元することにより、更なる改革を進めてまいりたいと考えています。
 また、こうした動きと同時に、市民から提出される申請書の押印廃止等に向け、全庁的に手続の見直しに着手しています。
 これまでも押印廃止に、取り組んできましたが、より一層、押印廃止を加速させ、市民の利便性、効率性を追求し、その先にあるペーパーレスや電子申請などのICTの積極的な活用に向けて取り組みたいと考えており、令和2年10月に、これからの相模原市を支える若手職員を中心としたプロジェクトチームを立ち上げました。
 プロジェクトチームから、国及び県の法令・条例・通知等による押印の義務付けがない手続1,765件のうち、1,499件が市の裁量で押印廃止ができるものとの報告を受け、廃止に向けて手続を進めているところです。
 市民の負担を早期に軽減するためにも、スピード感をもって検討を進め、実施できるものから順次実施していきたいと考えています。
132204271_2731608833769063_5724609012604314350_n

さがみはらSDGsパートナー登録証盾交付式(2020-12-22)

更新日時:2020/12/22
カテゴリ:活動報告
Share Button
「さがみはらSDGsパートナー」にご登録をいただきました企業や団体等の皆さんに、「さがみはらSDGsパートナー登録証 盾」を交付させていただきました。
 現在世界は、新型コロナウイルス感染症や、気候変動問題など、多くの困難な課題に直面しております。また、本市におきましても、昨年の令和元年東日本台風による甚大な被害、新型コロナウイルス感染症による医療体制ひっ迫への懸念や経済への打撃、少子高齢化、人口減少社会への対応など、多くの課題を抱えております。
 このような状況においても、本市は、国際社会の一員として、課題解決に向けた取組に積極的に貢献するとともに、「誰一人取り残さない」持続可能なまちづくりを進めるため、私が先頭に立ってSDGsの推進を掲げ、様々な取組を進めているところです。
 しかし、行政の力だけで、様々な困難な課題を解決し、次世代へ希望のたすきをつないでいくことは決してできません。
引き続き、皆さんと連携を深め、それぞれの強みを生かし、パートナーシップで課題解決に取り組むことで、SDGsの目指す社会が実現できるものと考えております。是非とも、共に手を携え取り組んでいただけますようお願いします。
お渡した盾は、「さがみはら津久井産材」で作成されており、皆さんがSDGsに取り組んでいるというPRに使っていただきたいと思います。
 こちらの盾が多くの方の目に留まることで、SDGsの普及啓発、そしてさがみはら津久井産材のPRにつながるものと考えております。
 そして、登録証盾の交付の後に、SDGsに関する意見交換の時間をご用意させていただきました。市のSDGsの取組に対するご意見、市ともにどのような取組ができるか、パートナー制度に期待することなど、素晴らしい意見交換ができたと思います。今後も対話を続けていきたいと思います。
132874536_2731617943768152_1203496146463681958_n 132565426_2731617953768151_2693771524656237872_n 132036357_2731617977101482_1467140019134028762_n

町田市・相模原市「町田駅周辺合同歳末特別警戒」(2020-12-22)

更新日時:2020/12/22
カテゴリ:お知らせ
Share Button
はじめに】
 日頃から皆様方には、地域の防犯活動や交通安全活動など、本市並びに町田市の安全・安心のまちづくりにご尽力いただいております。
 年末のご多用の時期に、この「合同歳末特別警戒」については、両市の市民団体をはじめ、町田警察署、相模原南警察署、そして行政関係者が協働して実施しており、両市における防犯活動として、大変有意義なことだと思います。
【JR町田駅周辺の安全強化】
 ご承知のとおり、かつてのJR町田駅南口の周辺は、不法営業店舗等が多数存在したため、多くの皆様が、環境の悪化についてご心配されていました。
 本間会長を先頭に「JR町田駅南口を明るく犯罪のない街にする連絡調整会」におかれては、こうした環境を改善し、犯罪の抑止を図るために、積極的に環境浄化活動を展開され、多くの成果を上げていただいていることに、心から敬意を表するとともに感謝申し上げます。
【本市の取組】
 本市では、平成25年に、NPO法人「さがみはら市民交番青パト隊」が設立され、「さがみはら安全安心ステーション」を拠点に地域と警察・行政が一体となり、環境浄化に向けた地道な取組を続けているところです。今後も、両市の市民、警察、行政の連携強化を図りながら、「安全で安心して暮らせるまちづくり」を進めてまいりたいと考えているので、ご理解、ご協力を賜わるよう、お願い申し上げます。
【新型コロナウイルスについて】
 さて、本年は、新型コロナウイルスによる感染症が 世界的に大きな脅威をもたらしています。
 本市においてもご自身や、身の回りの大事な方の健康を守るため、基本的な感染防止対策の徹底をお願いしています。
 また、この時期は季節性インフルエンザの流行期でもあることから、パトロール中のマスク着用や帰宅後の手洗い、うがい、アルコール消毒等をしっかりと行っていただくようお願い申し上げます。
 市としても、市民の皆様に寄り添い、感染拡大の防止や医療体制の維持に取り組むとともに、地域経済の活性化等に向けた取組を進めてまいるので皆様におかれましても、引き続き、ご理解、ご協力を賜るよう、お願い申し上げます。
132134289_2730846600511953_5478043301272005360_n 132098151_2730846597178620_3654875000668597085_n 132272313_2730846653845281_1173779385456967813_n

ブログ

ブログ更新カレンダー
2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ブログ内検索
最新記事
ピックアップカテゴリ
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
いいね!をお願いします!
facebook更新中!
Twitterフォローはこちら
↓のボタンをクリック


もとむら賢太郎 Facebook
もとむら賢太郎 Twitter
お知らせ
活動フォトギャラリー
もとむら賢太郎物語
もとむら賢太郎の奮闘日記
もとむら賢太郎 活動報告

【もとむら賢太郎後援会事務所】

〒252-0332
相模原市南区西大沼2-52-13
大沼センタービル

【TEL】042-851-6152
【FAX】042-851-6162 事務所案内

広報さがみはら県のたよりTOKYO2020