もとむら賢太郎 公式ブログ もとむらの声

月別アーカイブ一覧

無人航空機と言われているドローンなどを含んだ航空法の一部を改正する法律案について、本日は勉強中です。(2015-08-21)

更新日時:2015/08/21
カテゴリ:活動報告
Share Button

11896050_1622436321352992_7074840276790361459_n 11899869_1622436334686324_5465799378163499173_n

民主党のこの法案の担当として、来週質問に立ちますし、各党との調整も行っております。

 

8月4日の衆議院国土交通委員会質疑報告、第8弾は新国立競技場の見直しについてです。(2015-08-21)

更新日時:2015/08/21
カテゴリ:委員会
Share Button

11169245_1622305711366053_2563680868647650674_n 11039045_1622305731366051_5226230381924921875_n

ご承知のとおり、政府は新国立競技場の建設計画を白紙にすることを発表しました。
過去5回のメインスタジアム整備費をすべて足しても2480億円で、それを超える2520億という金額でしたから、見直しは歓迎しております。

しかし、これまでの経緯には不透明なことも多く出てきています。「五輪・パラリンピックまでに間違いなくできる」とのことですが、その検討にJSC・文科省・国交省のいずれも関与していないというのです。

また、総理が招致の最終スピーチで「他のどんな競技場とも似ていない真新しいスタジアムから、確かな財政措置に至るまで、2020年東京大会は、その確実な実行が確証されたものとなります」と発言される前に、文科省には3000億円を超える見積もりが提出されていたことが明らかになってきています。

これだけの混迷をしていおりますので、改めて2020東京オリンピック・パラリンピックを成功させるためにも、メイン会場がどうあるべきかはしっかり見直していただかねばなりません。

政府は7月21日、関係閣僚会議を開催しました。ヘッドは遠藤五輪大臣ですが、そのメンバーには太田国土交通大臣も入っています。また、再検討推進室には国交省から6名が派遣されております。
そこで、大臣に意気込みを伺いました。
大臣からは「できる限りコストを抑制して現実的にベストな計画を策定する」「国交省に対しては、コストあるいは工事、そうしたことに最も詳しい」「技術的な知見にも協力できる」「しっかり協力していきたい」と発言がございました。
太田大臣は技術面にも詳しい方ですので、その知見を余すところなく活かしていただき、見直してよかったと皆様に思っていただける競技場になるよう期待しております。

おはようございます。(2015-08-21)

更新日時:2015/08/21
カテゴリ:活動報告
Share Button

11863248_1622241784705779_8153519789181274672_n

今朝も相模大野駅頭からスタートしました。

昨日の東海大学付属相模高校野球部の優勝についても、お祝いのお言葉をいただいております。

ブログ

ブログ更新カレンダー
2015年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ブログ内検索
最新記事
ピックアップカテゴリ
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
いいね!をお願いします!
facebook更新中!
Twitterフォローはこちら
↓のボタンをクリック


もとむら賢太郎 Facebook
もとむら賢太郎 Twitter
お知らせ
活動フォトギャラリー
もとむら賢太郎物語
もとむら賢太郎の奮闘日記
もとむら賢太郎 活動報告

【もとむら賢太郎後援会事務所】

〒252-0332
相模原市南区西大沼2-52-13
大沼センタービル

【TEL】042-851-6152
【FAX】042-851-6162 事務所案内

広報さがみはら県のたよりTOKYO2020