もとむら賢太郎 公式ブログ もとむらの声

公式ブログ もとむらの声

深夜にわたる国会で、内閣不信任案が審議され、与党・維新による賛成多数により否決されました。

更新日時: 2017/06/15
カテゴリ:活動報告
Share Button

深夜にわたる国会で、内閣不信任案が審議され、与党・維新による賛成多数により否決されました。

そもそも先立つ参議院本会議で、今日は山本地方創生担当大臣と金田法務大臣の問責決議案が審議される予定でした。

午前中に山本大臣の問責決議案が審議され、13時から金田法務大臣の問責決議案の予定だったのですが、午後の本会議がなかなか開かれず、急に与党から共謀罪の「中間報告」を行いたいと提案があったのです。

「中間報告」というと分かりにくいと思いますが、これはつまり、委員会の採決を省いて、本会議採決に強引に持っていくやり方です。普通は、委員長が野党議員で、採決を行わない場合など国会法56条の3「特に緊急を要する」場合のみ許されたもので、今回のやり方は極めて乱暴です。会期末に与党が法案成立を狙って行うのは、議会制民主主義の否定につながる禁じ手ですし、専門的な議論を深めていこうとする委員会主義の否定です。とても許されません。報道では、与党からも「やりすぎ」との声が上がっていると聞きます。

今回の国会における横暴さの象徴ともいえる暴挙。これに対し、内閣不信任案を提出するのは、きわめて当然のことだと思います。
内閣不信任案は1国会で1回という慣例ですから、会期末に出すのが恒例のようになっていますが、決してそういうことではなく、理由があってのことです。

また、これによって、国会の延長はほとんど可能性がなくなりました。まだ審議されていない刑法改正案は、なんと明日一日で審議を終え、今国会で成立させる目論見だそうです。
刑法の改正内容は賛成できるものですが、刑事罰は大きく人権を制限することもあり、審議は丁寧に行うべきです。この点も大変横暴だと言わざるを得ません。

このあと午前2時半から、参議院で「中間報告」が行われる見通しです。
国会の外でも、法案に反対する声が今もなお響いています。
19105989_1873860626210559_1267057494169963229_n

19149333_1873860629543892_4039120139910483218_n

ブログ

ブログ更新カレンダー
2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ブログ内検索
最新記事
ピックアップカテゴリ
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
いいね!をお願いします!
facebook更新中!
Twitterフォローはこちら
↓のボタンをクリック


もとむら賢太郎 Facebook
もとむら賢太郎 Twitter
お知らせ
活動フォトギャラリー
もとむら賢太郎物語
もとむら賢太郎の奮闘日記
もとむら賢太郎 活動報告

【もとむら賢太郎後援会事務所】

〒252-0332
相模原市南区西大沼2-52-13
大沼センタービル

【TEL】042-851-6152
【FAX】042-851-6162 事務所案内

広報さがみはら県のたよりTOKYO2020