もとむら賢太郎 公式ブログ もとむらの声

公式ブログ もとむらの声

本日、衆議院国土交通委員会が開催され、質疑にたちました。

更新日時: 2015/06/16
カテゴリ:委員会
Share Button

10422321_1601879430075348_2406226639261153556_n 1380074_1601879453408679_8866825906917072809_n

本日、衆議院国土交通委員会が開催され、質疑にたちました。

今回は国土交通省が所管する独立法人改革のための法案審議です。船員教育のための海技教育機構と航海訓練所の統合や、港湾・空港・海上技術などの3つの研究所の統合、URの改革、奄美群島開発基金のガバナンスの強化などが同時に議論されました。

冒頭では、圏央道開通に伴って信号がないことで話題となってしまっている「東金原交差点」(緑区根小屋)を取り上げ、大型道路の開通に伴ってはしっかりと自治体・警察と連携をとり、住民に不安のないよう求めました。8月7日までに信号が設置されるとのことで、これには多くの関係者のご尽力があったと聞いております。ほっとされた方も多いかと思います。

さて、日本の国内貨物の4割を海運が担っていますが、現在船員の半分以上が50歳を超えており、若手育成が急務となっております。幸いにして、各養成機関の志望倍率は2倍を超えているのですが、せっかくですから定員を増やすべきと指摘をしました。また、大事なお子さんをお預かりしている国の施設であるにも関わらず、耐震化率が約30%であることが明らかになりました。文科省所管の商船系大学等は98%耐震化されていますし、半分が避難所として指定されていることもありますから、早期耐震化を求めました。大臣からもしっかり取り組むと答弁がありましたので、今後も対応を見守りたいと思います。

URについては、近接地に建替えができる法案となっております。いまお住まいの皆様からヒアリングした不安な点を一つ一つ確認させていただきました。また、UR団地には住宅セーフティネットの側面があり、高齢者や低所得の方も多くお住まいです。公営住宅と違って明渡し規定はないものの、先日千葉県銚子市で起こった痛ましい事件のようなことが起こらないようにケアをするよう求めました。民間と公営の間にあるUR団地には、ぜひ今後の住まいのモデルを示していってほしいものです。

ブログ

ブログ更新カレンダー
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ブログ内検索
最新記事
ピックアップカテゴリ
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
いいね!をお願いします!
facebook更新中!
Twitterフォローはこちら
↓のボタンをクリック


もとむら賢太郎 Facebook
もとむら賢太郎 Twitter
お知らせ
活動フォトギャラリー
もとむら賢太郎物語
もとむら賢太郎の奮闘日記
もとむら賢太郎 活動報告

【もとむら賢太郎後援会事務所】

〒252-0332
相模原市南区西大沼2-52-13
大沼センタービル

【TEL】042-851-6152
【FAX】042-851-6162 事務所案内

広報さがみはら県のたよりTOKYO2020