もとむら賢太郎 公式ブログ もとむらの声

公式ブログ もとむらの声

拉致被害者救出の国民大集会開催

更新日時: 2016/09/17
カテゴリ:活動報告
Share Button

今日は、拉致被害者救出の国民大集会が開催されました。

安倍総理、加藤拉致問題担当大臣のほか、拉致大臣経験者、家族会、救う会、調査会、拉致問題地方議会全国協議会、知事の会など様々な立場から多くの方が出席されていました。

核ミサイルの問題などもありますが、参加された方々からは「こうした問題が起きると、拉致を忘れられてしまう」「北朝鮮問題と拉致問題は区別して、拉致は拉致として取り組んでほしい」「だからこそ、外務省ではなく拉致問題対策本部が交渉の前面にたつべき」とのご意見が多く聞かれました。この点は、僕も拉致特別委員会の筆頭理事としても訴えてきたことです。

また、委員会でも質問してきましたが、政府はストックホルム合意を破棄すべきです。

松原仁元大臣や中山恭子元大臣からもこの点は強く指摘がありました。他の北朝鮮問題と同列で並べられていることで、日本の「怒り」が曖昧になってしまっているのです。

総理は今日も「対話と圧力」「行動対行動」「安倍内閣で拉致問題を解決する」と強く訴えていましたが、同時に日朝平壌宣言を一貫して重視すると述べていました。

しかし、日朝平壌宣言には拉致被害者とは書かれておらず、「懸案事項」と表現されており、懸案事項については、「今後行わない」と書いてあるにすぎません。生存者を日本に返すという内容にはなっていないのです。

総理のオールジャパンで取り組むという決意には、まったく同意です。いつも申し上げていますが、拉致問題は超党派で一致団結して臨むべき問題です。

今日もご家族の皆様の訴えを聞くにつけ、子どもを持つ身としては他人事ではありません。
横田早紀江さんが「めぐみは北朝鮮で君が代を歌ったと聞いた。歌の好きな子が、たくさん知っている歌の中でどんな気持ちで君が代を選んだのか」と訴える言葉には心が揺さぶられました。

その横田早紀江さんも80歳を超えています。猶予はありません。次の国会でもきちんと議論をし、一日でも早い全面解決を実現しなければいけません。

14317401_1754787048117918_395062214666823065_n-1 14390806_1754673331462623_6911426292574518891_n

ブログ

ブログ更新カレンダー
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ブログ内検索
最新記事
ピックアップカテゴリ
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
いいね!をお願いします!
facebook更新中!
Twitterフォローはこちら
↓のボタンをクリック


もとむら賢太郎 Facebook
もとむら賢太郎 Twitter
お知らせ
活動フォトギャラリー
もとむら賢太郎物語
もとむら賢太郎の奮闘日記
もとむら賢太郎 活動報告

【もとむら賢太郎後援会事務所】

〒252-0332
相模原市南区西大沼2-52-13
大沼センタービル

【TEL】042-851-6152
【FAX】042-851-6162 事務所案内

広報さがみはら県のたよりTOKYO2020