常総市内を回って、水害の跡地を視察させていただきました。

Share Button

12019921_1641672302762727_4051936685486204097_n 12065949_1641672309429393_8346321516174289199_n 12191453_1641672329429391_7707980763665611036_n 12187755_1641672339429390_1038557661928170253_n 12063730_1641672359429388_5916670920115326558_n 12065562_1641672366096054_923219967294337691_n 12196083_1641672386096052_8060696872431454049_n

常総市の高杉徹市長からも、水害で出た生活ゴミや産業廃棄物をどう扱っていくのか、被災したまちづくりをどう再生するか、ものづくりなどの設備が水害にあい再利用できないため再建にめどがたたないこと、教育現場もグラウンドを含め施設の再利用が難しいことなどを課題のひとつとしてあげられておりました。

例えば、
⚪︎収穫できなかった稲穂が腐ってしまった。
⚪︎収穫したお米が水没しお米が腐ってしまった。
⚪︎学校のグラウンドや施設が砂だらけになり、使用が困難な状況である。
⚪︎当日大型スーパーマーケットの二階駐車場が避難場所になり、ヘリコプターで多くの人命を救う結果になった。そのスーパーマーケットも再建を諦めた。
⚪︎ソーラパネル設置場所で越水ではなく、鬼怒川決壊につながった。

こうした災害現場の視察で伺った皆様の体験談やご意見をいかして、国会で活動していきます。

ブログ内検索
いいね!をお願いします!
facebook更新中!
Twitterフォローはこちら
↓のボタンをクリック


もとむら賢太郎 Facebook
もとむら賢太郎 Twitter
お知らせ
活動フォトギャラリー
もとむら賢太郎物語
もとむら賢太郎の奮闘日記
もとむら賢太郎 活動報告

【もとむら賢太郎後援会事務所】

〒252-0332
相模原市南区西大沼2-52-13
大沼センタービル

【TEL】042-851-6152
【FAX】042-851-6162 事務所案内

広報さがみはら県のたよりTOKYO2020