もとむら賢太郎 公式ブログ もとむらの声

カテゴリー別一覧

年金国会 無年金救済法にはもちろん賛成。しかし年金カット法案には賛成できません!(2016-10-24)

更新日時:2016/10/24
カテゴリ▼
Share Button

納付10年で年金受給ができるようになる法律が審議入りし、今国会で成立の見通しとなりました。

今は、25年の最低納付期間を満たしていないと、年金はゼロです。しかし最低期間が10年となることで、新たに約64万人の無年金高齢者に年金が支払われることになります。

もちろん、納付期間が違うので、受給金額には差がありますが、10年以上25年未満の納付期間があるのに年金ゼロだった方には朗報です。

この法律は民主党政権で成立されたものの、ずっと実施が延期されていたもの。いわゆる『年金カット法案』と一緒に審議することを求められていたのですが、分けて審議していただくことになってよかったと思います。

平成25年の国民年金支給額の月額平均は、54,544円。年金カット法案で約4万円が減らされてしまえば、1か月分の3/2がもらえなくなります。

このような法律と、同時に審議すれば、反対せざるを得なくなってしまいます。

国民生活に直結する話ですから、丁寧に個別に審議をしていかねばなりません。

ちなみに、先日の衆議院厚生労働委員会では、厚労省の行った年金試算が誤った前提に基づくことを大臣も認めています。国民をだますようなことはせず、堂々と議論をしていただきたいと思います。

年金支給が下がる新ルール?(2016-10-03)

更新日時:2016/10/03
カテゴリ▼
Share Button

先週金曜日に続き、今日も朝から衆議院予算委員会が開催されています。NHKで中継されていますので、ご覧になった方もいらっしゃると思います。僕も傍聴応援を玉木雄一郎議員の質疑時間にボードを持つため、陪席させていただきました。

玉木議員の質疑は、皆さんにとっても関係の深い年金に関するものです。皆さんの記憶に新しいと思いますが、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の出した損失は昨年度から10兆円以上になります。

しかし、昨年度の独立行政法人役職員で一番報酬が高かったのは、そのGPIFの理事長で3,130万円だということが先日明らかになりました。

とても納得ができないと思いますが、塩崎大臣や安倍総理からは妥当だという答弁でした。玉木議員から「感覚がずれている」という指摘がありましたが、その通りだと思います。

また、安倍内閣は物価があがっても年金を減らす新ルールを可能にする法案を用意しています。アベノミクスの結果として、現在まさに起きているのが物価向上・賃金減少で、このルールが成立してしまうと今もらっている人も現役世代も年金を減らされる可能性があります。
政府は国民にきちんと説明すべきですし、玉木議員から提案のあったように消費再増税時に予定していたような低所得者向け年金加算を行うことも検討すべきだと思います。

総理も大臣も今日は十分な答弁をいただいていないように思います。これだけ国民生活に密接する話ですから、じっくりと分かりやすいように説明をしていただかねばなりません。今国会は「年金国会」でもあります。皆さんの生活、年金を守ってまいります。

14563528_1760794690850487_4925023031233836097_n

民主党国土交通部門会議(2015-09-09)

更新日時:2015/09/09
カテゴリ▼
Share Button

11998865_1628861407377150_5969876279798151551_n 12002889_1628861414043816_8982203707503522168_n 11209409_1628861444043813_3803149594451474578_n

夕方より2016年度の国土交通省に対する予算概算要求などの議論をここ数週間にわたり行っております。

安倍政権になり国土交通予算案はまたしても予算増の見込みであり、膨れ上がる社会保障費を考えてみても、何を切れるのかを考えねばいけません。

必要な公共事業は応援していきますが、公共事業増で日本経済がよくなるという国土強靭化計画を真剣に考える安倍政権には疑問を持ちます。

集中と選択で予算配分を考えていきます。

 

原発再稼働(2015-08-11)

更新日時:2015/08/11
カテゴリ▼
Share Button

11817271_1619457971650827_6837316969915810932_n

本日、午前10時半。川内原発1号機が再起動しました。

川内原発の再稼働は約4年3か月ぶり。そして、2013年9月から続いてきた約2年間の原発ゼロが終わりを告げました。

新基準での再稼働は初めてですが、この後には愛媛県の伊方原発が再稼働を控えています。

毎日新聞の世論調査によれば、原発再稼働「反対」が57%。「賛成」の30%を大きく上回わっています。エネルギー政策は産業の面でも生活の面でも欠かせないものですが、この間に国民的議論はあったのでしょうか。疑問でなりません。

また、新基準の判断には避難計画が含まれないことも指摘しておかねばなりません。
そして、その避難計画は市町村が責任をもつことになっており、国の覚悟がみえません。

先日の衆議院国土交通委員会でも指摘しましたが、薩摩川内市が指定する避難ルートの橋梁の耐震化もまだされていないのです。
避難先の受入れ体制の確認もできておらず、避難訓練も十分に行われていないと聞いています。

福島の皆さんがまだ帰還できる状況にないなかで、あの事故の教訓を無視するような姿勢ではないでしょうか。

宮沢経産大臣は「国が全面的に責任をもつ」と会見でおっしゃっていましたが、この大切な日に安倍総理が休暇をとっている状況でなんとも虚しい言葉に聞こえてなりません。

民主党は、震災を経て、2030年代原発ゼロと再生可能エネルギー普及促進を公約に掲げてきました。

こうした政策は、政治がしっかり主導していかねば実現しないのです。
僕も「脱原発でも日本の成長を実現させる」と政策に掲げてまいりました。
今回の再稼働に係る政府の姿勢に、福島の皆さんのお気持ちを考え、強く抗議をいたします。

2015年度 予算成立(2015-04-10)

更新日時:2015/04/10
カテゴリ▼
Share Button

2015年度 予算成立

昨日、平成27年度予算が成立しました。
細野政調会長も次のように指摘しているとおり、問題の多い予算になっています。
民主党は問題点には、今後もしっかり本会議や委員会で注視していきたいと思います。

○一般会計予算規模が96.3兆円という過去最大規模になっていること。国債が日銀による実質的な財政ファイナンスの状況になっていることにより、わが国の財政が深刻な状況になっていること。
○格差の問題が深刻になる中で、介護報酬の引き下げや子育て給付金の減額など家計や生活に直結する部分で非常に厳しい予算になっていること。
○外形標準課税の拡大などによる景気への悪影響が懸念されること。
○地方創生という点では旧来型の補助金行政に戻り、地方が元気になるのか疑問があること。

とりわけ、介護報酬は実質4.48%の引下げで過去にないマイナス幅です。また子育て給付金も昨年の1万円から、3,000円と7,000円の減額となりました。今回はかろうじて据え置きとなりましたが、障害福祉報酬も引下げが見込まれていました。
昨年4月に消費税をあげたのはなぜだったでしょうか?社会保障に使うためです。その約束と逆行するような方向では、国民の皆様に納得いただけないのではないでしょうか。

今日のランチ(2015-03-28)

更新日時:2015/03/28
カテゴリ▼
Share Button

中央区矢部にある「天辰」さんで天重をいただきました。

ここのご夫婦は素敵な方々です。

今日は介護の現場で働く先輩から、来月4月から社会保障制度の各分野で制度改正が始まり、高齢者の皆さんには厳しい春(介護保険月5,000円超えに加え、介護サービス縮小。年金減額。)となることから、生の声を聞いております。

また国土交通省が所管するサービス付き高齢者住宅の問題についても勉強中です。

1798746_1572856726310952_893427063739488872_n

民主党総務部門会議(2015-03-18)

更新日時:2015/03/18
カテゴリ▼
Share Button

今朝は8時15分からNHKの籾井会長にお越しをいただき、引き続きNHKの来年度予算と経営計画についての説明をいただく機会がありました。

最近民主党とのやり取りや、マスコミからの記事も多く報じられておりますして、皆さんからの関心も高いところです。

公共放送の立場から国民に理解される予算を我々も決定していかなければなりませんから、下記の内容などの質疑が行われました。

◯先日の部会における「くだらん」発言について→「つい言ってしまった。不愉快な思いをさせたのであれば謝罪します」と謝罪はあったものの、ペーパーを読んでの謝罪。本当に反省していないと階議員より指摘。
◯ハイヤー問題について→横に置いといてと会長から発言。奥野事務局長より説明を求め、「監査委員会のヒアリング中なので承知していない」とのこと。自身のことなので承知してないのはおかしいと事務局長より指摘。
◯業務上ハイヤーの緊急性について→セキュリティ上緊急の場合は使用が認められる。今回は事前にセキュリティ上必要と申告があり、経理として認めた。妥当でなければ認めない。
◯朝日新聞の報道について→ハイヤー利用は業務上とサインをした伝票があったということだが、会長は伝票のことはしらないとのこと。「岡田代表もきっと知らない」との発言に逢坂座長より失礼と叱責。
◯ハイヤー問題は経営計画の前提にある。本件についてはっきりしない限りNHK予算審議に応じられないと事務局長より指摘。伝票の写しの提出、監査委員の報告後の説明を求める。
◯弁護士委託費用の詳細について→3名に対して153日で8000万はおかしいのではないか。詳らかにすべき。
◯経営計画において「貧困」の言葉が今年削除された。社会保障に含めたと読めるが、これから格差や貧困の問題がより論じられる中で妥当なのか。これで中立といえるのか。
◯週刊文春でクローズアップ現代のやらせについて報じられているが事実か。
など。

10577189_1568454573417834_5433650214676638500_n

 

衆議院予算委員会(2015-03-13)

更新日時:2015/03/13
カテゴリ▼
Share Button

今朝も9時からテレビ入りで安倍総理や全閣僚らが出席され、2015

年度予算案の締めくくり総括質疑が行われております。
予算案は本日質疑後に採決され、夕方の本会議で与党の賛成多数で可決し、参議院へ送付される予定です。

2015年度予算案は、一般会計の総額が過去最大の96兆3420億円。
防衛費、公共事業費の増額や、社会保障費は初めて31兆円台に達するなどの特色があります。

2月に採決した2014年度補正予算にもムダ遣いが目立つ予算になっていることは、与党の暴走を止められない我々の責任でもあり、引き続きムダがない予算にしなければいけません。

これから民主党の質疑が終わりましたので、一度地元に戻ります。

11024701_1566337910296167_8647245112579005437_n

衆議院予算委員会(2015-03-12)

更新日時:2015/03/12
カテゴリ▼
Share Button

 

本日も9時〜17時まで予算委員会が開かれ、政治とお金の問題、GPIF改革、農業改革、政治改革、社会保障問題など、多岐に渡り質疑が行われました。
いよいよ衆議院予算委員会も大詰めになってきました。

明日も予算委員会がありますので、しっかり応援をしていきたいと思います。

それでは地元での会合に向かいます。

10406994_1566046570325301_1164079430301217286_n

衆議院予算委員会(2015-03-09)

更新日時:2015/03/09
カテゴリ▼
Share Button

本日も9時から2015年度予算案に関する公聴会が開かれており、鈴木準大和総研主席研究員は、基礎的財政収支の赤字半減目標は来年度予算案で達成する見通しだが、財政の持続性が確保されたとは言いにくい状況だと強調され、また社会保障費が膨らむため、社会保障費全体をデザインし直す必要があるとも発言されました。

今日は公聴会でいよいよ予算委員会も後半戦に突入しました。

午後は明日の質問準備のため、勉強会が続きます。

次ページへ »

ブログ

選挙事務所のお知らせ
選挙事務所のお知らせ
希望の党ホームページ
国民生活センター移転阻止
国民生活センター移転阻止
ブログ内検索
最新記事
ピックアップカテゴリ
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
いいね!をお願いします!
facebook更新中!
Twitterフォローはこちら
↓のボタンをクリック


もとむら賢太郎 Facebook
もとむら賢太郎 Twitter
お知らせ
活動フォトギャラリー
もとむら賢太郎物語
もとむら賢太郎の奮闘日記
もとむら賢太郎 民進プレス

もとむら賢太郎事務所

〒252-0332
相模原市南区西大沼2-52-13
大沼センタービル

【TEL】042-851-6152
【FAX】042-851-6162 事務所案内

相模原市の放射線情報微小粒子状物質(PM2.)情報広報さがみはら県のたより

TOKYO2020日本の政治.jp