もとむら賢太郎 公式ブログ もとむらの声

<<新型コロナウイルス感染症に関連する情報を提供する公式LINEアカウントを作成しました>>
「コロナウイルスってなに?」「桜まつりは実施するの?」などのご質問に自動応答します。ぜひご活用ください。
※本アカウントは、もとむら賢太郎事務所が厚生労働省ほか省庁・神奈川県・相模原市等の公的機関が公開する情報より回答を作成したものです。市役所が運営するものではありません。
※本サービスのご利用にあたって、当事務所に個人情報をご登録いただく必要はありません。また、当事務所に個人情報が提供されることもございません。



月別アーカイブ一覧

エフエムさがみ83.9 ラジオ市長室(2020-08-25)

更新日時:2020/08/25
カテゴリ:お知らせ
Share Button
ラジオの放送日は、
8/28 13:00〜13:29
8/29 11:00〜11:29 (再放送)
本日収録が行われ、上記日程で放送されます。
1 新型コロナウイルス感染症の状況について
<新型コロナウイルス感染症の状況について>
 緊急事態宣言によって落ち着きをみせていた新規感染症患者の発生状況についてですが、全国で都市部を中心に患者の確認が増え続けており、1日の感染症患者の確認が千人を超える日も珍しくない状況となっています。
 本市における、感染症患者の発表も4月に43名、5月に5名、6月に11名、7月に58名、8月に123名(8月24日(月)時点)と7月以降、増加しており、8月8日(土)には、南区の老人ホームでクラスターが確認され、1日あたりの感染症患者の発表が初めて二桁になりました。
 8月24日(月)時点で、本市では271名の患者が確認されており、43名の方が治療を受けている状況です。
<市民の皆様にお願いしたいこと>
 これまでと同様に「新しい生活様式」を踏まえ、人との距離を十分に空けることや、正面での会話を避けること、こまめな換気、マスクの着用、手洗い・うがいの励行など、感染を予防する行動を、お願いします。
 なお、新型コロナウイルス感染症に関する電話相談を受け付けていますので、新型コロナウイルス感染症に関するご質問がある場合は、「新型コロナウイルス感染症コールセンター 042-769-8204」、感染が疑われる場合は、「帰国者・接触者相談センター 042-769-9237」に連絡をお願いします。
<相模原市の対応について>
 本市における今後の新型コロナウイルス感染症対策は、
 1 コロナと向き合い、命を守るための医療体制の備え
 2 活動再開に向けた市民や企業等への継続支援
 3 新しいステージに進むための地域活性化
 4 新しい日常の創造と持続可能な地域社会の構築
の4つの柱を軸としており、8月には補正予算として約33億円を計上しました。
 主な事業について
 PCR検査体制については、更なる検査体制の強化・充実を図りました。
 今まで、木曜日と土曜日の週2回ドライブスルー方式のPCR検査を実施していたが、8月4日より、火曜日にも実施することで、週3回の実施体制を確保しました。
 また、衛生研究所において、PCR検査機器を新たに1台増設することにより、1日当たりの検査可能数は、これまでの60検体から、80検体へと増加します。
 また、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う、宅配件数の増加や宅配物の非対面での受取りニーズが見込まれることから、市民を対象に宅配ボックス5,000個を配付することで、接触による市民及び配達員の感染リスクを低減するとともに、再配達の削減による宅配事業者の負担軽減やCO2削減を図ります。
 宅配ボックスについては、11月頃と12月頃の2回に分けて、2,500個ずつ応募の受付を行う予定です。なお、応募多数の場合は抽選となります。
 さらに、今後の学校の臨時休業や緊急時にも、オンライン授業の実施により、児童・生徒の学びを保障できる環境を確保するため、タブレットを追加導入し、一人一台の環境を実現するとともに、最終学年の小学校6年生と中学校3年生のため、通信環境のない家庭への貸与を目的としたルーターを整備します。
 他にも新型コロナウイルス対策で様々な事業を進めており、各施策については、速やかに実施できるようスピード感を持って取り組んでまいりたいと考えており具体的な手続きやスケジュールなどについては、市ホームページ等でお知らせしていきます。
2 さがみはら39キャッシュバックキャンペーンについて
<事業概要について>
 先月の放送でも触れさせていただきましたが、「さがみはら39キャッシュバックキャンペーン」について再度、紹介させていただきます。
 この事業は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、外出を控えていただいた市民の皆様と、営業自粛等にご協力いただいた事業者の皆様への感謝の気持ち、「サンキュー」を込めて、実施させていただきます。
 このキャンペーンでは、事前に登録いただいた市内のお店や事業所で、15,000円以上のお買い物やサービスをご利用いただいた市民の皆様に、3,900円のキャッシュバックを行います。
<開始時期、申し込み方法について>
 いよいよ10月1日(木)からキャッシュバックキャンペーンを実施します。
 景気低迷により、早期の消費喚起策が求められるほか、本事業は、市民の皆様が、市内の店舗等で消費することを喚起するものであり、広範囲に移動を促すものではないことから10月1日の開始とさせていただきました。
 本キャンペーンは、10月1日時点で、相模原市に住民登録がある市民の皆様が対象となります。
 市民の皆様は、キャンペーン参加事業者で買い物をした際、レシートや領収証などを保管していただき、レシートや領収証などの合計が15,000円以上になったら、1人1回、市に応募することが出来る。
 なお、このレシートや領収書は、同じ店で買った複数のものや、2店舗以上のものの合算でも構いません。
 また、同居家族であれば、ご家族分をまとめて応募することが可能です。
 例えば4人家族であれば、4人分の申請書4枚を 1つの封筒にまとめていただき、6万円以上の領収書1枚を添付いただければ、4人分の応募として扱えます。
 応募は、10月1日(木)から11月8日(日)までの39日間で、先着10万人に到達次第、終了となります。
 市では、応募内容の審査を行い、応募いただいた皆様に、3,900円を振り込みます。
 この機会に、ぜひ、地元店に足を運んでいただきたいと思います。
 なお、新型コロナウイルス感染症の状況によっては、開始時期を変更する場合もあるので、ご承知願います。
<参加事業者の募集状況>
 現在、市内事業者に対し参加を呼び掛けており、8月31日まで募集中ではあるが、これまでに1,537件の事業者から応募いただいたところです。
 今回のキャンペーンに市内の事業者の皆様に参加いただくため、私自身も、参加の促進に向けた声掛けを実施しております。
 登録された事業者については、市ホームページ等でお知らせするとともに、参加事業者であることを示す「のぼり旗」や「ステッカー」を掲出いただくので、市民の皆様には、ぜひ、市内のお店、事業所をご利用ください。
3 避難場所・避難所での感染症対策の取組について
<避難場所・避難所の対応について>
 避難場所とは、災害が起きた際に危険から一時的に身を守る場所であり、避難所とは、危険が去った後、家屋の倒壊などで生活が出来なくなった場合に、 一定の期間、生活の拠点となる場所です。
 近年、令和元年東日本台風のような、「避難場所や避難所の開設が必要となる規模の災害」が各地で頻発していることに加え、今年は新型コロナウイルスの感染拡大もあり、市民の皆様は、避難場所・避難所における新型コロナウイルス感染症対策は大丈夫なのか、不安に感じていることと思います。
 本市では、対策を進めており、5月には、内閣府防災担当、消防庁、厚生労働省の技術的助言に基づき、避難所における新型コロナウイルス感染症対策を記載した「避難所運営マニュアル参考資料」を作成し、避難所を開設・運営している各避難所運営協議会へ配布しました。
 また、8月には市職員向けに避難場所・避難所の開設・運営研修を実施し、担当となる職員は、検温等の避難者受付方法や消毒方法の確認、密にならない避難者待機スペースのレイアウト作成などを学んでおり、いざという時に備え、万全の体制を整えられるよう、準備を進めているところです。
 物品については、すべての避難場所及び避難所に、非接触型体温計、手指消毒用エタノール、マスクなどの感染症対策物品を、配備しました。
 また、密を避けられるよう、風水害避難場所については、現在の53カ所から100カ所以上に増やし、分散避難を進めるとともに、避難場所となる各学校においては、体育館のみならず、教室等も使用できるよう調整し、できる限り、健康な方と体調の悪い方との接触を避け、感染リスクを減らしていく。
<市民の皆様にお願いしたいこと>
 台風が多く発生する時期を迎えるにあたり、ご自身やご家族などの身を守るため、あらかじめハザードマップなどで、自分のいる場所が、土砂災害や河川の洪水等の災害リスクがないか確認いただきたいと思います。
 雨の中の避難は、危険を伴うため、ハザードエリアの外で、周りと比べて低い土地や崖のそばでないなど、安全が確認できるようであれば、自宅に留まることも有効です。
 また、可能な場合は、安全な場所にある親戚や友人の家などへの避難も検討していただきたいと思います。
 市民の皆様が、避難場所・避難所に避難された際には、感染リスクを減らすため、
 ・受付時に、検温や健康状態の聴取をさせてもらう
 ・マスク着用や手指の消毒をお願いする
 ・受付や滞在場所で密にならないよう間隔を空けてもらう
など、お願いすることになる。
 避難される事自体が大変な中で、負担に感じることもあるかもしれないが、皆様の感染リスクを減らすために、ぜひご協力をお願いしたい。
4 国勢調査の実施について
<コロナ禍での対応について>
 国勢調査は、日本に住んでいるすべての人及び世帯を対象とする統計調査で、国内の人口や世帯の実態を明らかにするため、5年ごとに行われるものです。
 今年は、10月1日を調査期日として国勢調査が行われます。
 9月中旬から下旬にかけ、調査員が調査書類を配布し、調査への協力をお願いすることとなりますが、本市では、新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、市民の皆様や調査員の安心・安全を確保するため、市民の皆様と調査員が対面しないよう、調査書類をポスト等に投函するいわゆる完全ポスティング方式により実施させていただきます。
 調査の回答につきましても、インターネットもしくは郵送による回答とすることで、市民の皆様と調査員が接触することなく回答いただけるので、 調査へのご協力をお願いします。
118511859_2624245587838722_2122627406329666155_n

ブログ

ブログ更新カレンダー
2020年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ブログ内検索
最新記事
ピックアップカテゴリ
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
いいね!をお願いします!
facebook更新中!
Twitterフォローはこちら
↓のボタンをクリック


もとむら賢太郎 Facebook
もとむら賢太郎 Twitter
お知らせ
活動フォトギャラリー
もとむら賢太郎物語
もとむら賢太郎の奮闘日記
もとむら賢太郎 活動報告

【もとむら賢太郎後援会事務所】

〒252-0332
相模原市南区西大沼2-52-13
大沼センタービル

【TEL】042-851-6152
【FAX】042-851-6162 事務所案内

広報さがみはら県のたよりTOKYO2020