もとむら賢太郎 公式ブログ もとむらの声

<<お知らせ>>
もとむら賢太郎「新春の集い」は開催中止となりました。
※今般の新型コロナウィルス感染拡大の影響などを踏まえて、3会場(南区/中央区/緑区)の全てにおいて開催を中止させていただくことになりました。

相模原市では、「危機管理本部体制」を発令し、国や県などと連携を密にして対策に取り組んでいます。関係機関と情報共有し、事案に応じた疫学調査を行うとともに、人権にも配慮しながら正確な情報を発信するように努めています。
市民の皆様におかれましては、過剰に心配することなく、季節性のインフルエンザの予防と同様に、こまめな手洗いや咳エチケットなど、通常の感染対策を行っていただきますようお願いいたします。

月別アーカイブ一覧

新しいインターンさんをご紹介します^ ^(2017-08-10)

更新日時:2017/08/10
カテゴリ:活動報告
Share Button

専修大学一年生の白川千尋さんです。

先日はポスティング活動にも参加をいただき、地元事務所と国会事務所の仕事を経験していただいております。

お肉が好きとのことなので、懇親会はお肉屋さんですね。

20664608_1899470960316192_959803329233206068_n

20638693_1899470946982860_2221668292471411873_n

江崎沖縄北方担当大臣の発言が、就任直後から問題となっています。(2017-08-10)

更新日時:2017/08/10
カテゴリ:活動報告
Share Button

「役所の原稿を朗読する」といった発言は、仕事人内閣というにはお粗末です。

他方、オーストラリア沖でオスプレイが墜落したことを受け、一昨日の記者会見で日米地位協定の見直しに言及したことは、大変踏み込んだものだと感心しました。ところが、一転して「政府見解と同一」「言葉足らずのところがあった」と釈明されたのは残念です。

米軍との協定は、韓国やドイツなどでも改定が行われていますし、日米地位協定27条には「いずれの政府も、この協定のいずれの条についてもその改正をいつでも要請することができる。その場合には、両政府は、適当な経路を通じて交渉するものとする」とされており、改正ができるのです。ところが、日本政府は「改正ができるか?」という問いにでさえ、正面から答えたことがありません。

2年前の相模総合補給廠の爆発火災。その原因については、明確な結論を得ずに終わってしまいました。ここにも日米地位協定の壁があります。見直しについては、加山相模原市長や渉外知事会などからも求められております。見直すべきは見直し、主張していく姿勢が必要ではないでしょうか。

ブログ

ブログ更新カレンダー
2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ブログ内検索
最新記事
ピックアップカテゴリ
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
いいね!をお願いします!
facebook更新中!
Twitterフォローはこちら
↓のボタンをクリック


もとむら賢太郎 Facebook
もとむら賢太郎 Twitter
お知らせ
活動フォトギャラリー
もとむら賢太郎物語
もとむら賢太郎の奮闘日記
もとむら賢太郎 活動報告

【もとむら賢太郎後援会事務所】

〒252-0332
相模原市南区西大沼2-52-13
大沼センタービル

【TEL】042-851-6152
【FAX】042-851-6162 事務所案内

広報さがみはら県のたよりTOKYO2020