もとむら賢太郎 公式ブログ もとむらの声

月別アーカイブ一覧

都市公園内にカフェやレストランができます!(2017-04-12)

更新日時:2017/04/12
カテゴリ:活動報告
Share Button

今回の都市緑地法改正案では、都市公園、市民緑地、生産緑地の3つの面の改正が盛り込まれています。

都市公園には、保育所等が設置できるようになるほか、カフェやレストランが設置されやすくなりますし、空き地を市民が活用しやすくなったり、都市農業を行いやすくなると思われます。

 都市公園については、災害時のことを考えても、トイレの設置・整備が重要であることを指摘させてもいただきました。洋式化やオストメイト対応トイレなども促進すべきです。

 さて、生産緑地については、いままで500㎡以上となっていた面積要件が300㎡まで緩和されます。これによって、今までより小規模でも税制の優遇を受けられることになります。また、生産緑地地区になった場合、これまでは営農に直接関係あるものしか設置できなかったのですが、農家レストランや直売所も設置可能になります。まさにそこでとれた野菜を食べることができる、地産地消を進め、農家の収益向上も期待されます。

 消費者にとっても、生産者にとっても良い話で、これまでもご要望があったと聞いています。ぜひ制度を活用していただきたいと思います。

17903828_1846690755594213_4844352528194991598_n

17884643_1846690762260879_1330368203789798446_n

都市公園内で保育園や学童保育等ができます!(2017-04-12)

更新日時:2017/04/12
カテゴリ:活動報告
Share Button

今日の衆議院国土交通委員会では、都市緑地法等の改正案の審議を行っています。僕は9時から質疑に立ちました。

 今回の改正で、全国の都市公園で保育園や学童クラブなどが設置できるようになります。すでに国家戦略特区の特例として全国で15か所認定されており、この4月から6か所が開園しています。

僕も月曜日に荒川区の汐入公園に設置された保育園を視察させていただきました。

 3月末の厚労省の発表では、待機児童は2年連続増え、4万7,000人。いわゆる隠れ待機児童は厚労省の発表では6万人を超えます。

 保育園が必要とされているのはもちろん、公園という環境で保育が行われるのは良い面も多くあります。他方で、騒音や送迎の渋滞問題、これまで利用している人たちからの使い勝手に対する不安、不特定多数が出入りできるのではないかという不安などもあります。これらに対して国交省の見解を問いました。

 現在、国家戦略特区の公園内保育園では、順調に運用されているとのこと。また、他の保育園と同様に壁など設置され、園内には不特定多数が自由に出入りできるわけではないとのことです。

 法律が通ってから、運用する中で実際にどのような課題が生じるかにも注視していきたいと思います。

17522614_1846584575604831_7622922282985067960_n

17553445_1846584988938123_6396076280359588617_n

17904179_1846584578938164_1931620346875163312_n

ブログ

国民生活センター移転阻止
国民生活センター移転阻止
JAXA相模原・移転阻止
JAXA相模原キャンパス移転阻止
ブログ更新カレンダー
2017年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ブログ内検索
最新記事
ピックアップカテゴリ
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
いいね!をお願いします!
facebook更新中!
Twitterフォローはこちら
↓のボタンをクリック


もとむら賢太郎 Facebook
もとむら賢太郎 Twitter
お知らせ
活動フォトギャラリー
もとむら賢太郎物語
もとむら賢太郎の奮闘日記
もとむら賢太郎 民進プレス

もとむら賢太郎事務所

〒252-0332
相模原市南区西大沼2-52-13
大沼センタービル

【TEL】042-851-6152
【FAX】042-851-6162 事務所案内

相模原市の放射線情報微小粒子状物質(PM2.)情報広報さがみはら県のたより

TOKYO2020日本の政治.jp