もとむら賢太郎 公式ブログ もとむらの声

月別アーカイブ一覧

年金支給が下がる新ルール?(2016-10-03)

更新日時:2016/10/03
カテゴリ:委員会
Share Button

先週金曜日に続き、今日も朝から衆議院予算委員会が開催されています。NHKで中継されていますので、ご覧になった方もいらっしゃると思います。僕も傍聴応援を玉木雄一郎議員の質疑時間にボードを持つため、陪席させていただきました。

玉木議員の質疑は、皆さんにとっても関係の深い年金に関するものです。皆さんの記憶に新しいと思いますが、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の出した損失は昨年度から10兆円以上になります。

しかし、昨年度の独立行政法人役職員で一番報酬が高かったのは、そのGPIFの理事長で3,130万円だということが先日明らかになりました。

とても納得ができないと思いますが、塩崎大臣や安倍総理からは妥当だという答弁でした。玉木議員から「感覚がずれている」という指摘がありましたが、その通りだと思います。

また、安倍内閣は物価があがっても年金を減らす新ルールを可能にする法案を用意しています。アベノミクスの結果として、現在まさに起きているのが物価向上・賃金減少で、このルールが成立してしまうと今もらっている人も現役世代も年金を減らされる可能性があります。
政府は国民にきちんと説明すべきですし、玉木議員から提案のあったように消費再増税時に予定していたような低所得者向け年金加算を行うことも検討すべきだと思います。

総理も大臣も今日は十分な答弁をいただいていないように思います。これだけ国民生活に密接する話ですから、じっくりと分かりやすいように説明をしていただかねばなりません。今国会は「年金国会」でもあります。皆さんの生活、年金を守ってまいります。

14563528_1760794690850487_4925023031233836097_n

『最新!全20政令指定都市「幸福度」ランキング』(2016-10-03)

更新日時:2016/10/03
カテゴリ:その他
Share Button

東洋経済オンラインに『最新!全20政令指定都市「幸福度」ランキング』が掲載されています。47指標を選定し、基本指標と健康、文化、仕事、生活、教育の5分野・10領域に分類したうえでランキングをしたものです。

これによると、1位はさいたま市。雇用や経済面が安定しているのが総合1位に結び付いたそうです。2位は浜松で、ものづくり産業の集積などで雇用が安定し、健康づくりや社会参画に対する住民意識が高いそうです。3位の千葉市は基本指標と5分野のすべて10位以内に位置する唯一の市となっています。

では、相模原市はというと、総合ランキングでは全20市中15位。基本指標は6位、健康分野は4位、生活分野は5位と上位なのですが、文化分野・教育分野で19位とワースト2位。仕事分野で17位となっています。
1期目は文部科学委員会に長く在籍していましたので。文化・教育分野でランキングが低いのは少々残念です。

このランキングが全てではありませんが、相模原にお住まいの皆様の「幸福度」が少しでもあがるように力を尽くしていきます!

なかま会バス旅行(2016-10-03)

更新日時:2016/10/03
カテゴリ:活動報告
Share Button

本日は後援会の皆さんが企画されたぶどう狩り日帰り研修旅行がございましたが、9時〜衆議院予算委員会、9時30分〜民進党国対役員会などがあるためバスに乗り込み国政報告を行い、相模原愛川インター手前で下車をして見送りました。

楽しみにしていたぶどう狩り日帰り研修旅行に参加したかったです。

これから相模線下溝駅〜小田急線海老名駅〜千代田線代々木上原駅を乗り継いで国会に向かいます。

14563528_1760794690850487_4925023031233836097_n

ブログ

ブログ更新カレンダー
2016年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ブログ内検索
最新記事
ピックアップカテゴリ
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
いいね!をお願いします!
facebook更新中!
Twitterフォローはこちら
↓のボタンをクリック


もとむら賢太郎 Facebook
もとむら賢太郎 Twitter
お知らせ
活動フォトギャラリー
もとむら賢太郎物語
もとむら賢太郎の奮闘日記
もとむら賢太郎 活動報告

【もとむら賢太郎後援会事務所】

〒252-0332
相模原市南区西大沼2-52-13
大沼センタービル

【TEL】042-851-6152
【FAX】042-851-6162 事務所案内

広報さがみはら県のたよりTOKYO2020