もとむら賢太郎 公式ブログ もとむらの声

月別アーカイブ一覧

総理の会見について(2016-06-02)

更新日時:2016/06/02
カテゴリ:政策
Share Button

昨日、安倍総理が記者会見を行い、消費税再増税を2年半再延期することを発表しました。

2014年11月、衆議院を解散した際の記者会見で総理は「再び延期することはない。ここで皆さんにはっきりとそう断言いたします」とはっきり言いました。

そして、国会審議では常に大震災級かリーマンショック級の出来事がなければ予定どおり再増税を行うと繰り返してきました。それにも関わらず、会期末それも閉会後に急な再増税延期の発表です。「新しい判断」とのことですが、具体的な中身はよくわかりません。

また、このタイミングでの発表では、国会で審議することもできません。集団的自衛権の解釈改憲の時と同じ、閉会後に発表する国会軽視の姿勢には強く抗議をいたします。

日本の未来に関わる大事な話です。こうした話は、政府与党だけではなく、野党の意見もしっかり聞く姿勢が必要ではないでしょうか。

少なくとも、国民の皆様にご負担をお願いする消費税増税について、民主党政権のときには当時野党だった自民・公明にも呼び掛けて話し合い、3党合意を行った上で法案を提出したわけです。
どこの政党も選挙に勝ちたいという考えはあります。選挙前に消費税増税延長を宣言したことは、まさに選挙を意識したと言われても仕方ないことです。だからこそ、厳しい政治選択は与野党の枠をこえて、すべての政治家が平等に厳しい選択を未来のために決断することが大切だと思います。だから総理には野党にも呼びかけ、みんなで痛みを背負う必要があると思います。

総理はアベノミクスの成果を強調されますが、実質賃金は5年連続で下がっています。消費も伸び悩んでおり、多くの方はその「成果」を実感していないのではないでしょうか。
確かに、今の経済状況では再増税はできません。この点は同意します。だからこそ、先んじて延期する法案を提出していたわけです。他方、延期に伴って社会保障はどうするのかという議論も必要です。総理は予定通り行うと発言していましたが、実際にそれができるとは思えません。

総理は秋の臨時国会に法案を提出すると言っていましたので、そこでもしっかり議論をしなければなりませんが、与野党を超えた全国的議論が必要です。もちろん、来るべき参議院選挙でも僕たちの考えをお示ししていきたいと思います。

新ポスター完成(2016-06-02)

更新日時:2016/06/02
カテゴリ:活動報告
Share Button

本日よりスタッフと、国政報告をしながらポスター張り替えでまわります。

どうですか?
新ポスターのご感想は?

13344532_1712729828990307_7351383596643920535_n

ドラゴンボールネイル(2016-06-02)

更新日時:2016/06/02
カテゴリ:その他
Share Button

パークレーンさんにお邪魔した際に、ドラゴンボールのネイルをされている女性にお会いしました。

「お洒落ですね」とお伝えすると、「本村さんも7つの玉を集めて、願いが叶いますように」とお言葉をいただきました。

午後も張り切っていきます。

13344532_1712729828990307_7351383596643920535_n

地元活動を中心に(2016-06-02)

更新日時:2016/06/02
カテゴリ:活動報告
Share Button

国会が閉会し、本日より地元活動中心となります。

爽やかな朝を迎え、本日もポスター張り替えなど頑張っていきます。

13344532_1712729828990307_7351383596643920535_n

ブログ

国民生活センター移転阻止
国民生活センター移転阻止
ブログ更新カレンダー
2016年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ブログ内検索
最新記事
ピックアップカテゴリ
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
いいね!をお願いします!
facebook更新中!
Twitterフォローはこちら
↓のボタンをクリック


もとむら賢太郎 Facebook
もとむら賢太郎 Twitter
お知らせ
活動フォトギャラリー
もとむら賢太郎物語
もとむら賢太郎の奮闘日記
もとむら賢太郎 活動報告

もとむら賢太郎事務所

〒252-0332
相模原市南区西大沼2-52-13
大沼センタービル

【TEL】042-851-6152
【FAX】042-851-6162 事務所案内

相模原市の放射線情報微小粒子状物質(PM2.)情報広報さがみはら県のたより

TOKYO2020日本の政治.jp