もとむら賢太郎 公式ブログ もとむらの声

<<お知らせ>>
もとむら賢太郎「新春の集い」は開催中止となりました。
※今般の新型コロナウィルス感染拡大の影響などを踏まえて、3会場(南区/中央区/緑区)の全てにおいて開催を中止させていただくことになりました。

相模原市では、「危機管理本部体制」を発令し、国や県などと連携を密にして対策に取り組んでいます。関係機関と情報共有し、事案に応じた疫学調査を行うとともに、人権にも配慮しながら正確な情報を発信するように努めています。
市民の皆様におかれましては、過剰に心配することなく、季節性のインフルエンザの予防と同様に、こまめな手洗いや咳エチケットなど、通常の感染対策を行っていただきますようお願いいたします。

月別アーカイブ一覧

12月3日に行われた衆議院国土交通委員会の報告をさせていただきます。(2015-12-23)

更新日時:2015/12/23
カテゴリ:委員会
Share Button

166749_1656673081262649_2129142437853940542_n

これまでも取り上げてきましたが、タカタのエアバッグ問題についてです。

アメリカをはじめ、世界各国で問題となっているタカタのエアバッグ。死者も出ているにも関わらず、タカタがなかなか記者会見等行わず、米国議会の招致にも応じないなどといった対応もあり、問題が大きくなりました。

そうした中、ことし10月、静岡県の伊東市で衝突事故が起こった際、エアバッグの異常破裂によって助手席の女性がけがをしました。国内初のけが人がタカタのエアバッグで出たということで、ニュースでも報道されています。この事故については、日産が、エアバッグが原因だったということで断定をしています。

現在、エアバッグには耐用年数がなく、定期交換などの措置はありません。しかし、エアバッグを膨らませる火薬などは湿気ることもありますし、部品の経年劣化は十分考えられます。インフレーター等のエアバッグシステムについて、有効期限を定めて定期交換を行うべきではないかと国交省に問いました。

国交省からは、「いまだ根本原因の特定には至っておりません」「国交省としては、引き続き、タカタ及び自動車メーカーに対して、早急にふぐあいの原因を究明するように厳しく指導」「エアバッグの有効期限を定めて定期交換を行うべきかという点につきましては、この原因調査の結果をもとに、国際的な動向も踏まえながら判断すべきものと考えている」との回答でした。

原因調査の結果がいつでるのか、出た後の判断はどうなるのか、引き続きこの問題を追いかけてまいります。

我が家のオオクワガタは冬眠中かな?(2015-12-23)

更新日時:2015/12/23
カテゴリ:活動報告
Share Button

1796429_1656597697936854_7767244579494985760_n

10294380_1656597687936855_5485849118007395564_n

3つの飼育箱がありますが、写真のように姿を見せているオオクワガタ(1箱)と、土の中にいるオオクワガタ(2箱)がおります。

今朝も来年春まで冬眠していると確認しました。

 

ブログ

ブログ更新カレンダー
2015年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ブログ内検索
最新記事
ピックアップカテゴリ
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
いいね!をお願いします!
facebook更新中!
Twitterフォローはこちら
↓のボタンをクリック


もとむら賢太郎 Facebook
もとむら賢太郎 Twitter
お知らせ
活動フォトギャラリー
もとむら賢太郎物語
もとむら賢太郎の奮闘日記
もとむら賢太郎 活動報告

【もとむら賢太郎後援会事務所】

〒252-0332
相模原市南区西大沼2-52-13
大沼センタービル

【TEL】042-851-6152
【FAX】042-851-6162 事務所案内

広報さがみはら県のたよりTOKYO2020