もとむら賢太郎 公式ブログ もとむらの声

<<新型コロナウイルス感染症に関連する情報を提供する公式LINEアカウントを作成しました>>
「コロナウイルスってなに?」「桜まつりは実施するの?」などのご質問に自動応答します。ぜひご活用ください。
※本アカウントは、もとむら賢太郎事務所が厚生労働省ほか省庁・神奈川県・相模原市等の公的機関が公開する情報より回答を作成したものです。市役所が運営するものではありません。
※本サービスのご利用にあたって、当事務所に個人情報をご登録いただく必要はありません。また、当事務所に個人情報が提供されることもございません。



月別アーカイブ一覧

今日は福島県から神奈川県に避難している皆様から話を聞かせていただきました。(2015-11-19)

更新日時:2015/11/19
カテゴリ:政策
Share Button

12247097_1646996088897015_7948642781617469390_n

福島第一原発の事故から4年半以上が経ち、避難している皆様の状況は刻々と変化をしています。その変化が良いものであればいいのですが、残念ながらそうとは限りません。

今日お伺いしたのは、特に住宅無償提供の打切りの問題です。政府と福島県は今年6月に避難指示区域外からの避難者に対する無償提供を2016年度で打ち切ることをきめました。
その対象者は約8,000世帯2万5,000人。費用は約81億円だそうです。多くは母子家庭であり、住宅無償提供の打切りによって毎日の暮らしも立ち行かなくなるケースも想定されます。

そもそも避難したくて避難しているわけではないのです。たびたび問題として取り上げていますが、今年8月に閣議決定された「子ども・被災者支援法」基本方針の改定では、「新たに避難すべき状況にない」としています。しかし、その過程はあまりに拙速であったと僕は考えていますし、避難者に本当に寄り添っていたのか疑問でなりません。

住むところをどうしようと悩まねばならない不安を、避難している皆さんに与えるべきではないのではないでしょうか。
時間が経つにつれ、避難者のそれぞれの事情もかなり多様となっています。母子避難をしている皆さんの中では、震災離婚の相談も増えているといいます。それに完全に寄り添うのは確かに難しいかもしれませんが、それでも国が原発政策を推し進めてきたのですから、可能な限り耳を傾け、寄り添っていかねばなりません。

皆さんは、明日から別のところに住んでくれと言われ、元の家に戻れるわけでもないのに今の家も出て行ってくれと言われたら納得できますか?

今朝は相模大野駅東口の駅頭からスタートしました。(2015-11-19)

更新日時:2015/11/19
カテゴリ:活動報告
Share Button

12249943_1646910525572238_3986880551258927660_n

快晴になるようで晴れ晴れした気分です。

ブログ

ブログ更新カレンダー
2015年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ブログ内検索
最新記事
ピックアップカテゴリ
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
いいね!をお願いします!
facebook更新中!
Twitterフォローはこちら
↓のボタンをクリック


もとむら賢太郎 Facebook
もとむら賢太郎 Twitter
お知らせ
活動フォトギャラリー
もとむら賢太郎物語
もとむら賢太郎の奮闘日記
もとむら賢太郎 活動報告

【もとむら賢太郎後援会事務所】

〒252-0332
相模原市南区西大沼2-52-13
大沼センタービル

【TEL】042-851-6152
【FAX】042-851-6162 事務所案内

広報さがみはら県のたよりTOKYO2020