もとむら賢太郎 公式ブログ もとむらの声

月別アーカイブ一覧

「とん平」さんにて懇親会です。(2015-09-29)

更新日時:2015/09/29
カテゴリ:委員会
Share Button

12063733_1634750160121608_8537789042861860263_n 12047036_1634750170121607_1740114962362671921_n

もとむら賢太郎ゴルフ大会実行委員会の皆さんと今夜は、「とん平」さんにて懇親会です。

通常国会の国政報告、ゴルフ大会の反省などのお話をし、懇親を深めました。

先月の11日、新規制基準のもとで、全国で初めて川内原発が再稼働されました。(2015-09-29)

更新日時:2015/09/29
カテゴリ:政策
Share Button

12046658_1634677036795587_1336119334359192649_n

およそ1年11か月ぶりに「原発ゼロ」が終わりを告げたことになります。

ところで、川内原発については、160キロメートル圏内に5つのカルデラがあり、大規模火砕流の被災リスクが最も高いという指摘もあります。

再稼働からわずかに4日後の8月15日には川内原発から約50キロにある桜島の噴火警戒レベルが引きあげられたり、9月14日には阿蘇山の噴火がありました。(桜島の噴火警戒レベルは9月1日に引き下げられました)
こうした火山の危険性について、九州電力は「稼働期間中に巨大噴火が起こる可能性は低い」「モニタリングにより、事前に核燃料を運び出す」としています。

しかし、火山学者からは「核燃料の運びだしが終わる前に巨大噴火してしまう」「九州電力が想定しているよりも巨大噴火の発生が切迫している可能性がある」という指摘がされています。
これらの指摘について、政府はどのように捉えているのか。

仮に巨大噴火が起きた場合にはどのような影響が想定されるのか、それらについて対策は講じているのか。
そもそも、事故が起きた際には誰が責任を負うのか?九州電力なのか、政府なのか。
といった疑問について、政府に質問主意書を提出いたしました。

また、原発については雑誌のインタビューで小泉元総理が「原発ゼロは野党みんな賛成だ。自民党だって首相が決めれば反対できない。こんないいチャンスはない。首相の決断ひとつでやれる国民的大事業だ」と安倍総理に述べたことを明かしています。この発言に対して、総理の見解を問いました。

答弁は来月頭には出てくる予定です。
あの福島の事故を経た僕たちです。リスクに対して、慎重に検証をしていかねばなりません。

おはようございます。(2015-09-29)

更新日時:2015/09/29
カテゴリ:活動報告
Share Button

17228_1634622903467667_1472707446534531864_n

今朝は相模大野南口より街頭活動スタートしました。

9月もあと2日間。

本日もよろしくお願いします。

 

ブログ

選挙事務所のお知らせ
選挙事務所のお知らせ
希望の党ホームページ
国民生活センター移転阻止
国民生活センター移転阻止
ブログ更新カレンダー
2015年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ブログ内検索
最新記事
ピックアップカテゴリ
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
いいね!をお願いします!
facebook更新中!
Twitterフォローはこちら
↓のボタンをクリック


もとむら賢太郎 Facebook
もとむら賢太郎 Twitter
お知らせ
活動フォトギャラリー
もとむら賢太郎物語
もとむら賢太郎の奮闘日記
もとむら賢太郎 民進プレス

もとむら賢太郎事務所

〒252-0332
相模原市南区西大沼2-52-13
大沼センタービル

【TEL】042-851-6152
【FAX】042-851-6162 事務所案内

相模原市の放射線情報微小粒子状物質(PM2.)情報広報さがみはら県のたより

TOKYO2020日本の政治.jp