もとむら賢太郎 公式ブログ もとむらの声

月別アーカイブ一覧

今日は藤井裕久先生を座長とする「民主党近現代史研究会」が開催されました。(2015-09-30)

更新日時:2015/09/30
カテゴリ:委員会
Share Button

12033234_1634999973429960_344849999963903266_n

今回の講師は五百旗頭真先生。日本政治学会理事長、防衛大学校長などを歴任され、東日本大震災の復興にあたっても内閣府の復興構想会議議長や復興庁の復興推進委員会委員長を務められた方です。

テーマは「先の戦争と戦後70年」。
わずか1時間のなかで日本史のなかの戦争や、太平洋戦争になぜ向かっていったのかという壮大な話をまとめていただきました。

印象的だったのは、五百旗頭先生がフィリピンに行ったときの話です。
かつては激戦にあったフィリピンにおいて、とても歓迎されることに対し、「日本軍のことは思い出さないのか?」と聞いたところ、こんな答えが返ってきたそうです。
『忘れることはできないが、許すことはできる』
信頼をもって長期的に取り組むビジネスを教えてくれたことや、ODAを通じた技術移転などに尽力してくれた日本に対して感謝があり、今さら日本軍のことを持ち出すつもりはないとおっしゃったそうです。

平和的に、人に優しく。
それが日本がたどってきた道ではないかとのご指摘に、その道を絶やすことのないようにしたいと感じます。

なお、この研究会は今日でいったんの区切りとなりました。

また臨時国会が始まれば行うかもしれないとのことです。一般の方も希望すれば参加できる会ですから、再開すればお知らせします。

本日の遅ランチ(2015-09-30)

更新日時:2015/09/30
カテゴリ:活動報告
Share Button

12088227_1634938650102759_2951162824223540110_n 11987214_1634938666769424_7924639165162047562_n

地元橋本の「中華料理 一番」さんでミソラーメン(ミソラーメン550円。ラーメン400円)をいただいております。

手作り餃子(350円)もお薦めです。

今朝はゆめクラブ相模原ゲートボール大会に参加しております。(2015-09-30)

更新日時:2015/09/30
カテゴリ:活動報告
Share Button

12049429_1634907826772508_8795806300103427783_n 12033245_1634907836772507_9008328217083884908_n

「とん平」さんにて懇親会です。(2015-09-29)

更新日時:2015/09/29
カテゴリ:委員会
Share Button

12063733_1634750160121608_8537789042861860263_n 12047036_1634750170121607_1740114962362671921_n

もとむら賢太郎ゴルフ大会実行委員会の皆さんと今夜は、「とん平」さんにて懇親会です。

通常国会の国政報告、ゴルフ大会の反省などのお話をし、懇親を深めました。

先月の11日、新規制基準のもとで、全国で初めて川内原発が再稼働されました。(2015-09-29)

更新日時:2015/09/29
カテゴリ:政策
Share Button

12046658_1634677036795587_1336119334359192649_n

およそ1年11か月ぶりに「原発ゼロ」が終わりを告げたことになります。

ところで、川内原発については、160キロメートル圏内に5つのカルデラがあり、大規模火砕流の被災リスクが最も高いという指摘もあります。

再稼働からわずかに4日後の8月15日には川内原発から約50キロにある桜島の噴火警戒レベルが引きあげられたり、9月14日には阿蘇山の噴火がありました。(桜島の噴火警戒レベルは9月1日に引き下げられました)
こうした火山の危険性について、九州電力は「稼働期間中に巨大噴火が起こる可能性は低い」「モニタリングにより、事前に核燃料を運び出す」としています。

しかし、火山学者からは「核燃料の運びだしが終わる前に巨大噴火してしまう」「九州電力が想定しているよりも巨大噴火の発生が切迫している可能性がある」という指摘がされています。
これらの指摘について、政府はどのように捉えているのか。

仮に巨大噴火が起きた場合にはどのような影響が想定されるのか、それらについて対策は講じているのか。
そもそも、事故が起きた際には誰が責任を負うのか?九州電力なのか、政府なのか。
といった疑問について、政府に質問主意書を提出いたしました。

また、原発については雑誌のインタビューで小泉元総理が「原発ゼロは野党みんな賛成だ。自民党だって首相が決めれば反対できない。こんないいチャンスはない。首相の決断ひとつでやれる国民的大事業だ」と安倍総理に述べたことを明かしています。この発言に対して、総理の見解を問いました。

答弁は来月頭には出てくる予定です。
あの福島の事故を経た僕たちです。リスクに対して、慎重に検証をしていかねばなりません。

おはようございます。(2015-09-29)

更新日時:2015/09/29
カテゴリ:活動報告
Share Button

17228_1634622903467667_1472707446534531864_n

今朝は相模大野南口より街頭活動スタートしました。

9月もあと2日間。

本日もよろしくお願いします。

 

てらさき雄介県議の民主党県議団筆頭副団長就任をお祝いするパーティー(2015-09-28)

更新日時:2015/09/28
カテゴリ:活動報告
Share Button

12047070_1634514313478526_8079105667012302020_n

てらさき雄介県議の民主党県議団筆頭副団長就任をお祝いするパーティーが橋本にて行われました。

彼は25才市議会初当選から、19年間政治活動を続けている政治家で、「平和・雇用・福祉」のキーワードがライフスタイルです。

今後も同世代として、共に頑張っていきます。

本日はおめでとうございます。

通常国会が終わり、いよいよ本格的に地元活動が始まります。(2015-09-28)

更新日時:2015/09/28
カテゴリ:活動報告
Share Button

11219308_1634472473482710_288547561812955085_n

スタッフとの心合わせが大切です。

台風18号の被害に遭った茨城県常総市から、「現状を知ってほしい」と写真が届きました。(2015-09-28)

更新日時:2015/09/28
カテゴリ:活動報告
Share Button

12043098_1634413706821920_8746759349151241972_n 12039610_1634413716821919_5686319894947550250_n 12075011_1634413726821918_4288882090703143008_n

送ってくれたのは、議員会館のセブンイレブンなどで福祉作業所の商品を販売している砂長美んさん。
自分自身もディスクレシアという障がいを抱えながら、障がい者の賃金向上のために様々な取組をしています。

写真は、彼女のお父さんの家だそうです。
あれから時間が経ちましたので、水はだいぶ引いたようですが、9月24日時点でいまだ約900人の常総市民が避難所生活を余儀なくされています。

先日も朝から民主党台風18号災害対策本部が開催され、各省庁の対応状況を確認し、被災県連から現状の報告を受けたところです。

13日~24日までの間で、13,000人を超えるボランティアが常総市で活躍されたと聞いております。1日でも早くご自宅に帰れるよう、僕もできることから取り組んでまいります。

本日は麻溝台支部の女性部の皆さんとのランチ会&座談会です。(2015-09-27)

更新日時:2015/09/27
カテゴリ:活動報告
Share Button

12063890_1634293713500586_6023634002193349429_n

総選挙時には、選挙事務所内でとても大切な選挙はがきの管理をいつもお願いしております。

この職人芸で10万通以上の選挙はがきを精査してくれております。

次ページへ »

ブログ

事務所移転のお知らせ
事務所移転のお知らせ
国民生活センター移転阻止
国民生活センター移転阻止
ブログ更新カレンダー
2015年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ブログ内検索
最新記事
ピックアップカテゴリ
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
いいね!をお願いします!
facebook更新中!
Twitterフォローはこちら
↓のボタンをクリック


もとむら賢太郎 Facebook
もとむら賢太郎 Twitter
お知らせ
活動フォトギャラリー
もとむら賢太郎物語
もとむら賢太郎の奮闘日記
もとむら賢太郎 民進プレス

もとむら賢太郎事務所

〒252-0332
相模原市南区西大沼2-52-13
大沼センタービル

【TEL】042-851-6152
【FAX】042-851-6162 事務所案内

相模原市の放射線情報微小粒子状物質(PM2.)情報広報さがみはら県のたより

TOKYO2020日本の政治.jp