もとむら賢太郎 公式ブログ もとむらの声

<<新型コロナウイルス感染症に関連する情報を提供する公式LINEアカウントを作成しました>>
「コロナウイルスってなに?」「桜まつりは実施するの?」などのご質問に自動応答します。ぜひご活用ください。
※本アカウントは、もとむら賢太郎事務所が厚生労働省ほか省庁・神奈川県・相模原市等の公的機関が公開する情報より回答を作成したものです。市役所が運営するものではありません。
※本サービスのご利用にあたって、当事務所に個人情報をご登録いただく必要はありません。また、当事務所に個人情報が提供されることもございません。



月別アーカイブ一覧

「苺まるごとカキ氷」をいただきました。(2015-07-27)

更新日時:2015/07/27
カテゴリ:活動報告
Share Button

11796420_1614842515445706_1486347690650998578_n 11796231_1614842525445705_8782165251542139587_n 11751780_1614842538779037_1668513154703356686_n

研修会が終わり、旧軽井沢に立ち寄り、パティシエ辻口博啓さんプロデュースの「苺まるごとカキ氷」をいただきました。

一杯700円と高価ですが、新鮮な味わいです。

地元の消防団員として活動してみせんか!(2015-07-27)

更新日時:2015/07/27
カテゴリ:活動報告
Share Button
東日本大震災以降、防災意識が高まったという方は多いのではないでしょうか。最近では少し時間が経ったせいか、徐々に防災意識が薄まっているという調査結果もありますが、それでも災害に対する意識はかつてより高いように思います。発災時、最前線では様々な方が活動をされていますが、そのひとつに消防団があります。消防団とは、常勤の消防職員が勤務する消防署とは異なり、火災や大規模災害発生時に自宅や職場から現場へ駆けつけ、その地域での経験を活かした消火活動・救助活動を行う、非常勤特別職の地方公務員です。会社員の方などが入団されています。
つい先日の口永良部噴火災害においても、避難誘導・負傷者の救出など被害抑止に活躍されました。

先日、民主党消防団支援議連が開催され、消防庁・日本消防協会・日本防火防災協会などからヒアリングを行いました。
現在消防団は全国に2208団、859,945人。初めて86万人を下回ったそうです。消防団には120年の歴史がありますが、昭和30年に200万人を割り、平成2年に100万人を割るなど戦後一貫して減少しています。幸い、神奈川県は全国でも増加数が多く、前年比105名増えていますが、常備消防がない地域もありますので、強化していかねばなりません。

一方、消防団の中でも増えているのが女性団員と学生団員です。これまで男性社会だった消防団なので、設備に女性用のものがないなど過渡期ならではの課題があるようですが、ぜひ活躍していただきたいものです。

一昨年前、「消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律」が施行されました。そこでは、女性・若者の入団促進や団員報酬の改善などが盛り込まれています。相模原市でも、18歳以上の男女が入団できますので、ぜひこの機会に応募してみてはいかがでしょうか。

相模原市公式ホームページ「消防団員を募集しています!」についての記事です。
www.city.sagamihara.kanagawa.jp

浅間山を望み、先輩の泉ケンタさんと朝ごはんです。(2015-07-27)

更新日時:2015/07/27
カテゴリ:活動報告
Share Button

11168088_1614759495454008_5853311761474333112_n 11745337_1614759508787340_2178721917459373859_n

これより研修会が再開されます。

今日も1日よろしくお願いします。

ブログ

ブログ更新カレンダー
2015年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ブログ内検索
最新記事
ピックアップカテゴリ
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
いいね!をお願いします!
facebook更新中!
Twitterフォローはこちら
↓のボタンをクリック


もとむら賢太郎 Facebook
もとむら賢太郎 Twitter
お知らせ
活動フォトギャラリー
もとむら賢太郎物語
もとむら賢太郎の奮闘日記
もとむら賢太郎 活動報告

【もとむら賢太郎後援会事務所】

〒252-0332
相模原市南区西大沼2-52-13
大沼センタービル

【TEL】042-851-6152
【FAX】042-851-6162 事務所案内

広報さがみはら県のたよりTOKYO2020