もとむら賢太郎 公式ブログ もとむらの声

公式ブログ もとむらの声

バリアフリーはハードとソフト両面から取組む必要があり、ソフト面のいわゆる「心のバリアフリー」が進むことはとても重要です。

更新日時:2018/04/18
カテゴリ:活動報告
Share Button

ヘルプマーク

今日の国土交通委員会では、交通バリアフリー法改正案の審議が行われ、僕も質疑に立ちました。30分の持ち時間に対して、質問したいことが多く、23問も用意してしまったのですが、とても時間が足りませんでした。

バリアフリーはハードとソフト両面から取組む必要があり、ソフト面のいわゆる「心のバリアフリー」が進むことはとても重要です。

この法案では、「高齢者、障害者等に対する支援」を国および国民の責務と規定しています。
ですが、実際にどれだけの人が困っている人に声をかけることができるでしょうか。また、実際に支援を必要としているのか外見からはわからない方もいます。

そこで、東京都発全国に広がっているのが「ヘルプマーク」です。見た目では支援が必要とわからないけれど、支援や配慮が必要だと周囲に知ってもらうためのマークです。配布を開始した頃は在庫不足となるほどニーズがあり、先日も青森県でヘルプマークを身に着けていた発達障害の男性に、高校生が声をかけたことがツイッターで2万リツイートされるなど反響が広がっています。
僕はこのマークを千葉県松戸市の関根ジロー市議が取り上げていることをきっかけに知りました。市議の取組みもあって松戸市でも導入され、1年経たない間に600個以上配布されたようです。

このようにニーズはあるのに、まだまだ知られていないのがヘルプマークだと思いますので、普及啓発に関する政府の姿勢を伺いました。内閣府からは「JIS規格にもなっており、障害者白書にも掲載した。各省庁と連携して普及促進に取り組む」、厚労省からは「全国の障害担当課長会議でも心のバリアフリーを広めるマークとして紹介するなど普及啓発に取組んでいる」との答弁がありました。

神奈川県でも導入されています。ヘルプマークを身に着けている方を見かけたら、「なにかお手伝いすることはありますか?」と声をかける一歩を、踏み出していきたいものです。

30727238_2004081839855103_171391297012105216_n

30714875_2004084713188149_2453294356086390784_n

ブログ

国民生活センター移転阻止
国民生活センター移転阻止
ブログ更新カレンダー
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ブログ内検索
最新記事
ピックアップカテゴリ
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
いいね!をお願いします!
facebook更新中!
Twitterフォローはこちら
↓のボタンをクリック


もとむら賢太郎 Facebook
もとむら賢太郎 Twitter
お知らせ
活動フォトギャラリー
もとむら賢太郎物語
もとむら賢太郎の奮闘日記
もとむら賢太郎 活動報告

もとむら賢太郎事務所

〒252-0332
相模原市南区西大沼2-52-13
大沼センタービル

【TEL】042-851-6152
【FAX】042-851-6162 事務所案内

相模原市の放射線情報微小粒子状物質(PM2.)情報広報さがみはら県のたより

TOKYO2020日本の政治.jp