もとむら賢太郎 公式ブログ もとむらの声

<<新型コロナウイルス感染症に関連する情報を提供する公式LINEアカウントを作成しました>>
「コロナウイルスってなに?」「桜まつりは実施するの?」などのご質問に自動応答します。ぜひご活用ください。
※本アカウントは、もとむら賢太郎事務所が厚生労働省ほか省庁・神奈川県・相模原市等の公的機関が公開する情報より回答を作成したものです。市役所が運営するものではありません。
※本サービスのご利用にあたって、当事務所に個人情報をご登録いただく必要はありません。また、当事務所に個人情報が提供されることもございません。



公式ブログ もとむらの声

身を切る改革こそ 率先すべき

更新日時:2015/04/05
カテゴリ:定数削減
Share Button

身を切る改革こそ 率先すべき

昨年の衆議院選挙における1票の較差について、判決が次々と出てきています。

昨年末に行われた衆議院選挙の一票の較差は、最大で2.13倍。
東京高裁は合憲との判断でしたが、福岡高裁では「違憲」との判断。
今後4月の半ば頃まで各裁判所で司法による判断が行われる予定です。

様々な判断がなされていますが、最低でも2倍を超えないように是正をするというのが基本のはずです。
そのために、立法府である国会の責任として、選挙制度や定数削減を早々に実現すべきです。

民主党は、総選挙においても定数削減をお約束してまいりました。
小選挙区においては、295議席を280議席にし、比例代表も削減すべきと主張しています。僕の政策にも一番目に掲げているのが定数削減です。しかし、残念なことに自民党の細田幹事長代行は小選挙区定数は「あまり減らすべきではない」と積極的でない発言をされています。

また、人口比をより反映するとして有識者会議で検討されているアダムズ方式についても、枝野幹事長が「評価する」としているのに対し、自民党は否定的な考えのようです。

いずれにせよ、今のままでいいとは思えません。早急な対策に取り組んでまいります。

2年半前の野田前総理と安倍総理との約束=定数削減の約束を早急に実現すべきです。

身を切る改革をしない限り、消費増税の話などできません。

ブログ

ブログ更新カレンダー
2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ブログ内検索
最新記事
ピックアップカテゴリ
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
いいね!をお願いします!
facebook更新中!
Twitterフォローはこちら
↓のボタンをクリック


もとむら賢太郎 Facebook
もとむら賢太郎 Twitter
お知らせ
活動フォトギャラリー
もとむら賢太郎物語
もとむら賢太郎の奮闘日記
もとむら賢太郎 活動報告

【もとむら賢太郎後援会事務所】

〒252-0332
相模原市南区西大沼2-52-13
大沼センタービル

【TEL】042-851-6152
【FAX】042-851-6162 事務所案内

広報さがみはら県のたよりTOKYO2020