もとむら賢太郎 公式ブログ もとむらの声

<<お知らせ>>
もとむら賢太郎「新春の集い」は開催中止となりました。
※今般の新型コロナウィルス感染拡大の影響などを踏まえて、3会場(南区/中央区/緑区)の全てにおいて開催を中止させていただくことになりました。

相模原市では、「危機管理本部体制」を発令し、国や県などと連携を密にして対策に取り組んでいます。関係機関と情報共有し、事案に応じた疫学調査を行うとともに、人権にも配慮しながら正確な情報を発信するように努めています。
市民の皆様におかれましては、過剰に心配することなく、季節性のインフルエンザの予防と同様に、こまめな手洗いや咳エチケットなど、通常の感染対策を行っていただきますようお願いいたします。

公式ブログ もとむらの声

先日の国土交通委員会で、国道16号の渋滞対策について質疑を行いました。

更新日時:2018/04/09
カテゴリ:委員会
Share Button

16号線渋滞対策と町田立体ランプ工事

先日の国土交通委員会で、国道16号の渋滞対策について質疑を行いました。

国道16号は1日当たり約5万台の交通が利用しており、平成24年首都圏渋滞ボトルネック協議会が特定した主要渋滞エリアにおいても、鵜野森交差点を含む国道16号線が選ばれています。

僕も鵜野森在住ですので、この渋滞解消の実態はよくわかっています。ちなみに日本全国の渋滞による経済損失を貨幣換算すると約12億円にもなるのだそうです。

さて、この点は国土交通省もよく把握をしていて、僕も取組んできた八王子バイパス無償化や町田立体の供用開始によって緩和が見られることも確かです。しかし、まだ渋滞が発生しており、対策が求められます。

これに対して国交省は、「町田立体の新ランプを今年度中に開通させる」「圏央道の整備によって広域的な道路ネットワークを整備する」「橋本五差路や国道246号交差部などの激しい渋滞が発生していた箇所については、交差部の立体化事業等の局地的な対策を進めてきている」との答弁でした。他方で、こうした対策の効果を検証し、さらに局地的対策を含めて検討するとのことでしたので、実態をよく知る地域の代表として声を挙げていきたいと思います。

30440942_2000216453574975_8084258706075680768_n

30412689_2000216456908308_7327868991920144384_n

ブログ

ブログ更新カレンダー
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
ブログ内検索
最新記事
ピックアップカテゴリ
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
いいね!をお願いします!
facebook更新中!
Twitterフォローはこちら
↓のボタンをクリック


もとむら賢太郎 Facebook
もとむら賢太郎 Twitter
お知らせ
活動フォトギャラリー
もとむら賢太郎物語
もとむら賢太郎の奮闘日記
もとむら賢太郎 活動報告

【もとむら賢太郎後援会事務所】

〒252-0332
相模原市南区西大沼2-52-13
大沼センタービル

【TEL】042-851-6152
【FAX】042-851-6162 事務所案内

広報さがみはら県のたよりTOKYO2020