もとむら賢太郎 公式ブログ もとむらの声

月別アーカイブ一覧

南区自慢の中里ぶどう園(2016-08-15)

更新日時:2016/08/15
カテゴリ:お知らせ
Share Button

この季節になると南区の自慢のひとつである中里園(西大沼5ー10ー16。0427440001)のぶどうが最盛期を迎えます。

長年お世話になっている中里さんの丹精込めたぶどうをどうぞお召し上がりください。

これから担い手の問題などがありますが、食べられる農家の環境を応援していきたいと思います。

13873040_1739322636331026_9167598735700912461_n 13886429_1740876449508978_1335000973291197870_n 13903271_1740876472842309_7364580199187104216_n

終戦の日にあたり(2016-08-15)

更新日時:2016/08/15
カテゴリ:お知らせ
Share Button

今日は、終戦の日です。多くの方が、様々な場所で様々な形で戦没者を追悼し、平和を願っていることだと思います。

僕も、正午から1分間の黙とうを行い、相模原市慰霊塔に足を運びました。
昭和18年に旧日本軍が建立し、住民の総意で設置されたこの慰霊塔は、市内の戦没者を永遠に祀る聖域とされています。

多くの尊い犠牲の上に今の平和があることを決して忘れないこと、そして戦後71年続いてきた平和をこれからも守っていくこと、再び戦争の惨禍を繰り返さないために力を尽くすことを改めて心に誓いました。

13873040_1739322636331026_9167598735700912461_n

再稼働に待った(2016-08-15)

更新日時:2016/08/15
カテゴリ:委員会
Share Button

12日、四国電力伊方原発3号機が約5年3か月ぶりに再稼働しました。本日午後より、発送電が開始される見込みです。九州電力川内原発とあわせ、これで国内で3基の原発が稼働することになります。

伊方原発は佐田岬半島の付け根に位置します。その立地から「日本で一番再稼働させてはいけない原発のひとつ」と呼ぶ人もいるそうです。

半島の先端に住む約4,700人の避難経路、原発近くを通る四国から近畿まで続く活断層の影響など懸念されることは多くあります。

原発よりも西側に暮らす皆さんの避難については、海路で大分に逃げる方法も検討されているようですが、津波が来れば船は出航できません。悪天候でも出航できません。

日本三大地すべり地質ともよばれ、崩落が起きやすい地質といわれる地域です。陸路は分断される可能性が高いですし、国道が無事だとしても原発の前を通らねば避難ができません。
陸路も海路も難しい場合、屋内避難も計画されているようですが、ご高齢の方が多い中、どのように避難場所へ移動するのでしょうか。

幾度となく指摘されていますが、原子力規制委員会は避難計画を審査しません。政府は原子力規制委員会が新基準に適合すると審査した原発を順次再稼働させる方針ですが、避難計画の整備を前提としていないのです。

そもそも原発再稼働そのものに反対ではありますが、避難計画に懸念点があるのに再稼働するというのは、福島第一原発の事故をないがしろにしているように思えます。

13873040_1739322636331026_9167598735700912461_n

ブログ

ブログ更新カレンダー
2016年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ブログ内検索
最新記事
ピックアップカテゴリ
全てのカテゴリ
月別アーカイブ
いいね!をお願いします!
facebook更新中!
Twitterフォローはこちら
↓のボタンをクリック


もとむら賢太郎 Facebook
もとむら賢太郎 Twitter
お知らせ
活動フォトギャラリー
もとむら賢太郎物語
もとむら賢太郎の奮闘日記
もとむら賢太郎 活動報告

【もとむら賢太郎後援会事務所】

〒252-0332
相模原市南区西大沼2-52-13
大沼センタービル

【TEL】042-851-6152
【FAX】042-851-6162 事務所案内

広報さがみはら県のたよりTOKYO2020