もとむら賢太郎の政策

国益最優先の外交

Share Button

もとむら賢太郎の政策

④国益最優先の外交

報じられている領土問題や経済連携の交渉は、本当に国益が損なわれていないか疑問です。国益を最優先する真の外交を実現します。

メッセージ

国益最優先の外交

更新日:2014.11.21

皆様こんにちは。

民主党の、もとむら賢太郎でございます。

 

私は国益を優先する政治を断行して参りたいと考えております。

 

EU圏のような経済連携をヨーロッパで行っておりますが、アジア圏においても将来、中国や韓国も含めた大きな経済連携を進めていき、社会保障を含め、日本的な発想だけでなく、グローバルな考えで外交政策を進めてまいりたいと考えております。
TPPに関しまして、私は賛成の立場から皆様に訴えをさせていただいておりますが、TPPに賛成をすればこの方向性がどのような形で国民の皆様に利益・不利益が生じるのか、もっと政府はご説明すべきだと考えております。
またTPPの議論について、地元の政治家の皆さんも、ある団体へ行けば「TPPは賛成」違う団体へ行けば「TPPは反対」などと信念のないような話ではなく、やはり自分の信念を持たなくてはなりません。

 

TPPに参加をすれば皆さんにお叱りいただく部分もあります。

 

しかし、ピンチがチャンスであり、TPPへの参加は日本にとって国益が膨らむ、大きなチャンスであり「モノづくり国日本」としての力をこのTPPで発揮していきたい。

そのように考えております。

もとむら賢太郎・これまでの取り組み

政策

国民生活センター移転阻止
国民生活センター移転阻止
JAXA相模原・移転阻止
JAXA相模原キャンパス移転阻止
ブログ内検索
いいね!をお願いします!
facebook更新中!
Twitterフォローはこちら
↓のボタンをクリック


もとむら賢太郎 Facebook
もとむら賢太郎 Twitter
お知らせ
活動フォトギャラリー
もとむら賢太郎物語
もとむら賢太郎の奮闘日記
もとむら賢太郎 民進プレス

もとむら賢太郎事務所

〒252-0332
相模原市南区西大沼2-52-13
大沼センタービル

【TEL】042-851-6152
【FAX】042-851-6162 事務所案内

相模原市の放射線情報微小粒子状物質(PM2.)情報広報さがみはら県のたより

TOKYO2020日本の政治.jp